« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の投稿

2006年10月30日 (月曜日)

「情熱大陸」みましたか?

昨日、TBS「情熱大陸」に越智俊二さん(59歳)が出演されていました。越智さんは、40代でアルツハイマー病を発症。現在、その実態を理解してもらおうと精力的に全国を飛び回って講演活動をされています。私が、はじめて越智さんの講演を聴いたのは、一昨年、京都で開催されたアルツハイマー病協会.国際会議に参加した時でした。越智さんの語るひとこと一言が余りにも重く、込み上げてくる涙を抑えることができませんでした。同時に、自分が知っている「認知症」の知識が「認知症と共に生きる人」という視点でみたときに、如何に薄っぺらなものだったか、恥ずかしい気持ちになりました。若年期認知症の場合、進行が急速に進む場合が多いと言われていますが、越智さんの場合は極めてゆっくりとした状況にあるそうです。それには、奥さんの力が大きいのかなぁという印象を受けました。「また忘れたの」と責めたり、できないことを指摘するのではなく「忘れてもいいから今できることをやれば良い」という奥さんの思いやりや結び付きが病気の進行にも良い影響をもたらしているのでしょう。このような「この人となら」というような関係性や「今できることをやればそれで良い」という越智さんの生き方の中に、認知症を抱えながらも「その人らしく生きる(well-being)」ための多くのヒントをもらったような気がします。

2006年10月29日 (日曜日)

宮崎本物温泉③「高屋温泉」

P251is00001 マラソンの疲れは温泉で癒しましょう!ということで「高屋温泉」に寄って来ました。高屋温泉は、西都市の都於郡城近くにある温泉です。泉質は、含ヨウ素ナトリウム塩化物冷鉱泉。浴場前には写真のようP251is00775な飲泉場があり、飲んでよし、浴びてよし。冷鉱泉のため一度ボイラーで加温した後、浴 槽に掛け流ししています。1936年呉服商船橋与利丸当主が、城の下に冷鉱泉が湧出しているのを聴き、調査した結果、これが塩化ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどの有効成分が極めて豊富に含有しているのを知り、これを利用して湯治場を開いたのが始まりだそうです。地下100mから湧き出るこの温泉は、800万年前の太古の海水が閉じ込められてできたのだそうです。以前は、本当に湯治場という雰囲気の温泉だったのですが、最近、料理の勉強をされた息子さんが経営に加わるようになり料理も、宿の雰囲気も洗練された非常に上品な宿に変化しています。因みに高屋温泉のHPはhttp://www.takayaonsen.jp

綾・照葉樹林マラソン.完走!

P251is00769 今日は綾町で開催された「照葉樹林マラソン」に行ってきました。我が家の恒例行事の一つになっていて、毎年、親子ペアで参加しています(というか参加させられています)。今年は、1年生の娘と一緒に走り、531組中474位、48分26秒で5kmを完走することができました。ほとんど娘に引きずられるような形でゴール、このような結果に終わったのは、勿論私の不徳の致すところです。

2006年10月28日 (土曜日)

むかごを肴に一杯!

P251is00524 今夜の肴は「むかご」です。サッと湯掻いた後に、塩をひとつまみ振りかけて出来上がり。子どもには「ウサギの糞みた~い」と不評ですが、焼酎の肴には最高!因みに、今夜の焼酎は、渡辺酒造の「白麹、旭萬年」。ホックリとした芋の旨みと柔らかさが「むかご」にピッタリです。

2006年10月27日 (金曜日)

今夜の酒と肴

Sake3 週末になると、「何もしたくない、何も考えたくない」症候群になってしまいます。こんな時こそ、美味しいお酒と肴の出番。今日は、畑浦にある酒屋さんに焼酎を買い出しに行ってきました。唎酒師の店長に薦められて買ったのが明石酒造の「ないな」。芋と米をブレンドした焼酎で、まろやかで飲みやすく非常に美味しいお酒です。明石酒造の自信作というだけあって飲み飽きない味で、お気に入りの一本になりそうです。まだまだ宮崎には、隠れた美味しい焼酎がいっぱいあるんだなぁと少し嬉しくなりました。徐々に落ち着きを取り戻しつつあるようですが、依然、焼酎人気は高いようです。ブームは早晩去る。一時の混乱を通り抜けて、いずれはあるべき姿に立ち戻る。焼酎においても然り、というのが私の疑わないところです。それをやり過ごす間、まだあまり名は知られてはいないけれども、真剣に焼酎作りに取り組んでいる、きちんとした味の焼酎を探し求めて楽しんでいこうと思っています。

2006年10月25日 (水曜日)

高速バスでの間抜けなエピソード

一昨日の月曜日、17時に仕事を終え、猛ダッシュで、宮崎駅から福岡行きの高速バスに乗り込みました。福岡までの約3時間の長旅。お腹も空いたので、から揚げ弁当をツマミに缶ビールで細かな晩酌。途中、サービスエリアで休憩となったので、空になった弁当と缶ビールを外のゴミ箱に捨てに行ったのですが、そのとき事件が起こりました。ゴミ箱に向かう途中、なぜか股間が冷たい・・・・?。よく見ると缶の中に残っていたビール(全部飲み干したと思っていたのに)がこぼれ、股間から右の太股辺りがビッショリ。おもわず「あ゛ー!」と叫んでしまいました。実は、このとき膀胱がMAXの状態だったのですが、この状況でトイレに行ったら・・・・と思うとトイレにも行けず、福岡まで、ただひたすら堪え続ける羽目になってしまいました。・・・・死ぬかと思った。

2006年10月24日 (火曜日)

認知症予防研修会に行ってきました

今日は、福岡市中央市民センターで開催された、「認知症予防研修会(講師:東京都老人総合研究所、矢富直美、宇良千秋)」に行ってきました。「ボケたくない」という思いは、万人共通のものだろうと思いますが、前日に行われた一般対象者向けの「認知症予防講演会」には500人以上の参加があったそうで、認知症に対する関心の高さが伺えます。研修会の内容については追々報告していきたいと思います。あ~疲れた、でも明日は仕事。頑張るぞ~!気合だ!!気合だ!気合だ!

2006年10月21日 (土曜日)

宮崎本物温泉②「諸塚温泉.曙」

Onnsenn6 諸塚温泉「曙」は、穴場的な雰囲気を持ったとっても良い温泉です。泉質はアルカリ性単純温泉。循環装置を使用していますが、120L/分の新鮮なお湯が、かけ流しで浴槽に注がれています。お湯は微かに白濁しておOnnsenn5り無味、無臭。お湯に浸かると柔らかなお湯が肌を包み込みツルツル感 が気持ち良い!浴室内には室内風呂がひとつと遠赤外線サウナがあり、外にはこじんまりとした露天風呂もあります。あまりPRされていないせいか、お客さんが少ないので、ゆっくり温泉を楽しむことができます。サウナでは有線で「長崎の人♪」が流れていて、なんだかレトロな気分に浸っていました。料理も充実していて「椎茸料理」「やまめ」「猪鍋(期間限定)」「馬鹿刺し(鹿刺しと馬刺し)」など諸塚ならではの料理が堪能できますよ。

おすすめの和菓子「栗きんとん」

Wakasi 美味しい~和菓子を発見! 「石峠レイクランド」から国道327号線を日向市から諸塚村に向かって1km程走ると「はな恵」という「栗きんとん」専門のお店があります。ここの栗きんとんは、最高に美味しいですよ!!控えめな甘さで非常に上品な味。それに栗の風味が食欲をそそります。地元産の栗を100%使用しているため、お店は9月~翌年の2月末までしか営業していません。また、添加物など一切使用していないため2日間しか日持ちしませんが、宅配便の場合は、真空パックで7日間は大丈夫だそうです。和菓子党の人には是非おすすめの一品です。

秋の風景「背高あわ立ち草」

Awatatisou 私は、秋の風景を彩る「背高あわ立ち草」が大好きです。自分が幼少の頃は、まだ日本に入ってきていなかったのに、今では、秋を代表する花として何処でもよく見かけます。一時期は、喘息や花粉症の原因と言われ、忌み嫌われる花だったように思います。それが、今では逞しい繁殖力で日本の風土に定着してしまっています。どうな状況にも屈せず、最後まで自分の花を咲かせようとするそんな姿に「背高あわ立ち草」の魅力を感じているのかもしれません。

六鱗のいじめ・・・

Kinngyo7 ようやく水槽に戻ってきて一安心と思っていたのですが、新たな問題が起こりました。ランチュウなどの丸物と六鱗を一緒に飼育する場合、六鱗が丸物を突付いたりして苛めることがあるとのアドバイスを受けていました。はじめは、共生できるかな、と思っていたのですが突如、六鱗がランチュウを追い回す行動が出てきてランチュウに元気がありません。かなりストレスを感じている様子です。今の状態での共生は難しいかもしれないなぁ・・・。

2006年10月20日 (金曜日)

金魚、復活!!

Kinngyo6 尾ぐされ病も完治し、ようやく水槽へ戻ってきました。これで一安心、ということで今から飲みに行ってきまーす!

2006年10月16日 (月曜日)

温泉、今日は空振り・・・

Onnsenn1 8日振りのお休みだったので、今日は絶対に温泉に行くぞー!と意気込んでいたのに、4軒回ってすべて休館日。仕方ないので、「御船出の湯(以前レジオネラで問題になった)」で、海を眺めて帰ろう・・・と思ったのですが、これがどうしても諦めきれない。Onnsenn2 結局、「ひょっとこの湯(銭湯)」で、温泉気分を味わって疲れを癒してきました。でもやっぱり温泉に入りたかったよ~。

2006年10月13日 (金曜日)

金魚、全滅か!?

Kingyo6 今日は13日の金曜日、こんな日は何かが起こると思っていたら、なっ、なんと!六鱗が尾腐れ病に侵されていました!!8日に水槽に移し、順調にいっている様に思っていたのですが甘かった。昨日、そろそろ餌をやっても大丈夫かな?と思い、小さじ3分の1程度の餌を与えたのですが一口も食べない。何かおかしいという思いはあったのですが、まさかこんな結果になるとは・・・。尻鰭に血管が浮き上がり、何かストレスを感じているのは明らかでした。よく見ると尾鰭に明らかな尾腐れ病の徴候が・・・。おまけに、頂点眼とランチュウにも同じ徴候が見られました。早速、薬浴を施したのですが・・・とにかく5~6日様子をみていきたいと思います。頑張れ金魚達!

2006年10月 8日 (日曜日)

今夜の酒と肴

Sake 近くのスーパーを散策していたら、なんと!「銀杏」を見つけました。銀杏は私の大好物!。今夜は、銀杏を肴に、「黒龍.しずく」で頂きます。光沢のある屋久杉のお猪口にお酒を注ぐと、ほのかな屋久杉の香りが、お酒の美味しさを一段と引き立ててくれます。家内の実家が屋久杉の工房をやっていて、特別に作って頂いたお気に入りのお猪口です。でも、このお猪口ならやっぱりお燗酒がほしくなりますよね~。

六鱗、ちょっと早めのデビュー!

Kinngyo3 薬浴して3日目ですが、元気も良いようなので、ちょっと早めに水槽デビューしました。六鱗と、らんちゅう等の丸物の金魚を一緒に飼育する場 合、相性が悪いと、稀に六鱗が他の金魚を突っついたりするKinngyo4場合があるそうです。今のところ、3匹とも寄り添って仲良く泳いでいますが、2~3日注意して見ていきたいと思います。

2006年10月 6日 (金曜日)

ついに六鱗がやってきた!

Kinngyo1 今日、愛知県の木下養魚場から六鱗が届きました。宮崎までの長旅にもかかわらず、予想以上に元気で安心しました。まずは、前日から汲み置きしていた水に、1時間ほど金魚の入った袋を浸けて、水温を調整します。その後、さKinngyo2 らに1時間ほどかけ、汲み置きしていた水を袋の中に入れ、徐々に慣れさせていきました。ようやく水槽に開放され金魚自身も一安心といった様子。ここで4~5日薬浴した後で、他の金魚たちと一緒の水槽に入る予定です。

今夜の酒と肴

Syoutuu1 私が、今まで飲んだ焼酎、日本酒の中で、もう一度飲みたい1本!と認めたものを部屋に飾っています。「月の中」「晴耕雨読(黒麹、甕壷仕込み)」「川越」「村尾」「森伊蔵」「伊佐美」「なかむら」「十四代」「義侠」「蘭じゃたい」Syoutyuu2 「石田屋」「初亀.滝上秀三」「侶」「万年」、改めて眺めてみると、すごい面々ですね。因みに今夜は、「きろく」に納豆とヘルシーな肴で一杯やっています。

2006年10月 3日 (火曜日)

今夜の酒と肴

P251is01285_1 今夜はちょっと贅沢して「牡蠣の酒蒸し」を肴にしました。こんな時はおいしい日本酒がほしくなりますよね。そこで、明鏡止水の垂氷・槽しぼり(兵庫県山田錦使用、日本酒度:+5、酸度:1.5、製造元:長野県佐久市の大澤酒造)を頂くことにしました。お気に入りのお猪口(ガラス工芸作家の黒木国昭.作)で頂くお酒は格別です。

2006年10月 1日 (日曜日)

子どもの運動会

Photo 今日は子どもの運動会でした。カメラ片手に3人の子どもを追いかけ駆け回り、もうクタクタ。でも良い運動会でした。1年生の娘は学年リレーに出場、娘がアンカーの選手にバトンを手渡し1着でゴール!と思いきやゴール寸前で転倒。苦やし涙を流す選手に娘が寄り添い、賢明に励ます姿に「人を思いやる」その優しさがあれば、この子は立派に育ってくれるだろうとちょっぴり安心する親馬鹿でした。

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック