« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の投稿

2007年1月26日 (金曜日)

宮崎本物温泉⑦「曽山寺温泉」

070126_120143_m  「曽山寺には、俺が子供の頃から良い温泉があった」と温泉嫌いの父が言っていた。加江田川の河畔に佇む「曽山寺温泉.杉雨荘」は、昭和10年創業の歴史ある温泉旅館。旅館の方の話では、「以前、この辺りは田んぼから温泉が湧き出ていたんですよ」とのこと。泉質は「硫化水素型硫黄泉(アルカリ性)」、泉温が24度でちょっと低めなので、源泉と一旦ボイラーで沸かした源泉湯を混ぜ浴槽に注いでいるそうです。もちろん掛け流しで、飲泉もでき、お湯に浸かればその柔らかさを実感できます。ひょうたん型の浴槽があるだけのシンプルな浴室ですが、天井が吹き抜けになっており、とても明るい感じがしました。

 一番風呂を狙って早い時間に旅館を訪れると先客がひとり。恰幅の良い男性が湯船に浸かっていらっしゃいました。軽く会釈をして浴室に入ると挨拶が返ってきました。常連の方かなぁ・・・と思い、声を掛けようとした瞬間!なんと浴槽から出る、その方の後姿には見事な彫り物が・・・・。その方が浴室を出るまで無言のまま妙な緊張感が漂っていました。触らぬ神に祟りなしです。

2007年1月25日 (木曜日)

Web学習で認知症を理解しよう!

 認知症介護に必要な基礎知識を身につけたい思っている人に朗報です。DCnetの中にある「知ってなるほど塾」では、誰でも認知症介護に関連した基礎知識を学ぶことができるWeb学習サイトがあります。 映像やナレーションでわかりやすく、確認テストで自分の学習の程度を評価することもできるようです。現在のプログラムは、認知症のさわりの部分だけですが、今後内容をさらに充実させていく予定のようですので、定期的に覗いてみては如何でしょうか?

 関心のある方は、DCnet(アドレスはhttp://www.dcnet.gr.jp)のHPを開くと、右上に「知ってなるほど塾」の表示が出ていますので、その表示をクリックするとweb学習ページを開くことができます。 

2007年1月14日 (日曜日)

宮崎本物温泉⑥「山霧」&石焼ビビンバ

070114_132754_m  あまりお勧めの温泉ではありませんが、「どうしても温泉に行きたい!行かないと死んでしまう」と思った時に行く温泉が、美郷町にある「山霧温泉」です。ナトリウム炭酸水素塩泉で、一応「美人の湯」を売りにしている温泉です。確かにヌルヌル感の強い泉質で、ヌルヌルしてるのが良い温070114_142237_m 泉と思い込んでいる人には良いかもしれませんね。・・・・・と散々なことを良いながら、意外に満足して帰ってきました。というのも、ここのレストランの一番の売りである「石焼ビビンバ」を食べたのですが、これがまたとっても美味しかった!!美郷町は韓国との交流があって、「石焼ビビンバ」を売りにしているようなんですが、韓国から直接取り寄せたという「コチュジャン」等の材料を使って調理しているとのこと。「山霧」に行かれた際に、食してみては如何ですか?

秋山成勲は失格.VS桜庭戦はノーコンテスト試合

 大晦日に放送された「K-1.PREMIUM2006.Dynamite!!」のメインイベント、秋山VS桜庭戦は、秋山の一方的な勝利に終わった。秋山と桜庭、共に実力者同士の戦いに厳しい展開になるだろうと予想していたにもかかわらず、あっけない幕切れであった。桜庭は、体調でも悪かったのかな?と思っていたのだが、今日、サンデーモーニングで秋山のルール違反疑惑が報道され驚いてしまった。

 その内容は、秋山が体に何か塗っていたという「オイル疑惑」。そして秋山が使用していた右手のグローブにあるはずのスポンサーのロゴが消失していたため、主催者が用意したグローブとは異なった物を使用していたのではないかという疑惑である。グローブの件に関しては、ウォーミングアップ中にロゴが外れたことが分かり問題は解決したようである。しかし、「オイル疑惑」については、ウォーミングアップの後、秋山陣営のスタッフに全身クリームを塗ってもらっているシーンがTBSのオフィシャルカメラで確認され、1月11日に秋山は、謝罪の記者会見を開くこととなってしまった。

 秋山が全身に塗っていたものは米国製の「オーレイ・クエンチ・ボディーロション・エキストラ・ドライスキン」というクリームで、塗った後はスベスベ感しか残らないが汗を含むとかなりヌルヌルになるものらしい。HERO'Sルールでは、塗布物を体に塗ることは禁止されている。秋山陣営は、オイル・ワセリンは認められないが、クリームは大丈夫と認識していたとのこと。意図的ではないと主張しているが、それが真実であることを願いたい。そもそもテレビの世界なんて虚構化の最たるものだと思っているので、こんなことがあっても別に驚きはしないが、柔道という真剣勝負に身を置いてきた選手だけに、虚構化された世界に染まらず、リアルファイトで大きくなっていってほしいと願っている。

2007年1月13日 (土曜日)

甘酒の豆知識!

070113_185627_m  昨夜は新年会でチョッピリ飲みすぎてしまいました。今日は仕事なのに・・・・・。何とか一日乗りきらなくてはと思い、甘酒を一杯。「むかい酒?」ではありません。実は甘酒にはビックリするくらいの滋養効果があるらしいのです。

 小林武夫氏「発酵と日本人の知恵」によると、150年くらい前の人々は食生活が質素で夏の暑さに体力がもたず7~9月に亡くなる方が非常に多かったそうです。甘酒は、そんな消耗した体に活力を取り戻す庶民的な飲み物だったのです。甘酒を分析してみると、ブドウ糖が極めて高く、米のタンパク質も分解する麹菌の酵素によって必須アミノ酸群に変えられ、これが豊富に含まれているのだそうです。また、麹菌が米の表面で繁殖する時にビタミンB1,B2,B6、パントテン酸、ビオチンなどのビタミン群を多量に作りますが、その成分が甘酒の中に溶け出しているのですから、まさに甘酒は江戸時代の「必須アミノ酸強化飲料」「ビタミンドリンク剤」だったのです。皆さんも疲れた時にどうですか?因みに、私は宮城県の「一ノ蔵酒造」が出している甘酒が大好きです。この甘酒はアルコール分0%で、保存料などは一切使用していません。原料米には環境保全米を使用し、非常に上品な甘みの甘酒です。

あなたの癒しの空間は?

070111_214003_m  随分、昔のことなので記憶が曖昧ですが、ドラゴンボールで「精神と時の部屋」というのがあったんですが覚えていますか?確か、一日で1年の年月が流れていくという不思議な空間のことだったと思います。写真は、私の書斎を取ったものです。時の流れを忘れさせてくれるという意味では、まさに私にとっての「精神と時の部屋」。観葉植物の横に飾られた相田みつをさんの言葉に日々癒されております。実はここには写っていないのですが、この上には私が敬愛する「アーネスト・ホースト」のポスターが貼られています。なんともアンバランスなこの組み合わせが、私の明日への活力源になっているのかもしれません。あなたは、どんな癒しの空間を持っています?

2007年1月 8日 (月曜日)

寒がりやの六鱗

070108_083336_m  寒気が流れ込み、県内でも積雪が記録されたようです。朝起きて水槽を覗いてみると、水温が12℃。ランチュウと頂点がんは、穏やかに水槽の中を泳いでいるのですが、

070108_083238_m  六鱗はご覧のとおり、水槽の片隅で凍えているように見えます。日中、18℃くらいまで水温が上昇すれば六鱗も元気に泳ぎはじめるので、小さじ半分程度の餌(咲きひかり)を与えるようにしています。でも、これからの寒い時期は、ほとんど餌を与えず飼育することにしています。それにしても六鱗の飼育は3匹の中で最も気を使いますね。

地域限定発売「明月.黒麹仕込み」

070108_085125_m  昨年10月に、明石酒造が小林・西諸地区限定で本格焼酎「明月.黒麹仕込み」を販売。お値段は1本800円(900ml)と御手頃価格。実家にお土産をと思い2本購入したのですが、「俺は霧島しか飲まん。これが一番美味い!」という親父の一言で却下されてしまいました。相変わらずの頑固野郎です。ところでお味の方はというと。アルコール度数が20%なので、ストレート、ロックで飲むとすっきり飲みやすく、ツイツイ飲みすぎてしまいそうです。でも、25度に舌が慣れている人や無濾過を好む人にとっては、少し物足りない感じ・・・・。

2007年1月 4日 (木曜日)

今年は大吉でスタート!

070103_165205_m  最近は、正月らしさを余り感じなくなりました。なぜでしょう?そういえば、子供の頃は、家族皆で餅つきをしたり、寒い中、近所の広場で凧揚げをしたり、コタツに入って一枚一枚手書きで年賀状を書いたりしていたものです。でも、最近は年賀状もパソコンで簡単に作れるし、近所で凧揚げなんかしてる子もほとんど見かけなくなりました。家の子供たちも四六時中ニンテンドーDS「おしゃれ魔女ラブandベリー」とかいうゲームで遊んでいる始末です。便利さや効率性を追求していくことも大切なのかもしれませんが、なんだか現実感覚が失われていくようで淋しい思いがします。「今年は、我が家でも餅つきしようか?」と提案したところ「一人でやれば!」の一言。確かにそういう問題ではなさそうです。とりあえず、正月らしさを取り戻すために昨日初詣に行ってきました。おみくじを引いたところ今年は「大吉」。大吉を引き当てたのは生まれて初めてのこと。今年は良い年なるのかな・・・・?

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック