« 傍にいて・・・ | トップページ | 愛は偉大だなぁ・・・ »

2007年8月12日 (日曜日)

なじみロック、杵柄ロック

 認知症の人はなじみの物が身の回りにあれば、安心できると考え、早速夫にサツキさん(仮名)のなじみの物を持ってきてくださいと伝えた。・・・・夫はサツキさんの趣味だった文化刺繍の作品を2つ、立派な額に入れて持ってきた。それをサツキさんがベッドに横になった時によく見える壁にかけた。この位置は彼女が目覚めてすぐ、刺繍が眼に入るようにと考えたのだった。その他にも、夫と写った写真、普段使っていた萩焼の湯飲みと急須を棚にならべた。サツキさんの部屋には少しずつ彼女のなじみの物が増えていった。そのひとつひとつを見ていると彼女のこれまでの生活が垣間見えるように思えた。・・・・ある時、彼女の部屋を訪れた。すると、彼女は「なぜ、こんな場所に私のものがあるの?」と、不思議そうに聞いた。サツキさんは「わからない、わからない」と、繰り返し呟く、そして、私に「誰がこれを持ってきたの?」と尋ねる。ご主人だと言うことを伝えると「私をこんなところに入れて何処にいっとるか?」と夫に対して腹を立ててしまった。サツキさんは自分の持ち物が此処にあるのか不思議でたまらないようだった。(谷川良博:覗いてみたい先輩OTの頭の中.OTジャーナルvol40.No9.994-995.2006)

 以前は、常にリーダー的な存在で活動的だったAさん。今では歩行も覚束ない状態となり、閉じこもりがちな生活を過ごしている。どうにかして以前のような暮らしを取り戻せないかと試行錯誤していたところ、折り紙細工が好きで、友人にプレンゼントしたりしていたことを聞きつけた。早速、本人に誘いを掛けたところ快く承諾してくれた。ぎこちない手つきではあったが、昔取った杵柄で見事な作品を完成させた。ところが、3日目辺りから参加を拒否するようになってしまった。本人に理由を尋ねると「昔はもっと上手に作れていたのに・・・駄目になってしまった。もう以前の自分ではない」と言う。見事な作品と感じていたのは私だけで、本人には逆に無力感を感じさせてしまう結果となってしまった。

 その人らしさを重視したケアが大切であるとよく言われる。そして、その手段としてしばしば馴染みの関係やなじみの物、昔取った杵柄が用いられることがある。しかし、私達はなじみの物や昔取った杵柄を通して、思い込みや「○○さんは~な人」と固定化した視点でケアしていないだろうか。

 そもそも、「その人らしさ」とはどういうことなのだろう。その人らしさ、自分らしさ、言葉を換えれば個性とも言えるだろうか。個性とは「変わらないそのものの性質」のことだから、その意味では常に変化を続ける人間においては「個性」など存在しないことになる。そもそも、変わらないものとは何なのか?変わる必要がないもの・・・すでに出来上がったもの・・・完璧な状態にあるもののこと・・・そう考えるとやはり個性など存在しないことになる。しかし、私達はどこかでやっぱり「自分は自分である」と思っている。極論的に考えると「個性」はないのかもしれないが、私達の中には「長年培ってきた様々な性質」が存在しているのも事実であり、それが「自分らしさ」「その人らしさ」と感じている所以なのかもしれない。ただし、それは変わり行くものであることを認識しておくことが必要である。

 「なじみロック、杵柄ロック」に陥らないためには、限られた情報を元に、その人がどんな暮らしを築いてきたのか、その中にどんな意味づけがなされていたのだろうか、病気や障害が今の暮らしにどんな影響を及ぼしているのだろうか、何が本当にやりたいことなのか、やりたくないことなのか、そんなことに思いを馳せながら、「その人らしい」生き方に折り合いをつけていくための協同作業をやっていくことが大切なのかもしれない。

« 傍にいて・・・ | トップページ | 愛は偉大だなぁ・・・ »

認知症のケアとリハ」カテゴリの記事

コメント

どら焼きが気になりながら・・・。
過去の情報は、とても貴重なものですよね。しかし、介護側が思い込みでこだわることにより、介護される側には辛い思いをさせてしまうことや家族にまで喪失感を味あわせてしまうことを考慮して行動を起こすべきでしょう。いい思いではそっとしておくことも必要だと思います。宝箱はしまっておくから価値が続くのですから。開けてしまうと覚めることになりかねません。手当たり次第自分の仕事を達成しようとするのはいかがなものかと・・・。ふと考えました。

スカンダさん、コメントありがとうございます。
確かに、人には他人に触れられたくない、様々な思い出というものがありますよね。本来、人の心や暮らしを知ろうとする作業は不遜で傲慢な行為なのかもしれません。そこには相手を傷付ける危険性をはらんでいることを私達は忘れてはいけないと思います。だから、介護する側の一方的な思いではなく、当事者と共に時間を掛けて、少しずつその人らしい生き方を再構成していくことが大切になってくるのだと思います。

トラバックからやってまいりました。。。
認知症の方にとっても
自分自身に置き換えても
なじみのものって安心をあたえますよね

私のコラムを引用してくださり、ありがとうございます。
最近こちらのホームページを知りました。
作業療法士さんですね。
共有できる方がいて、よかった。

コメントありがとうございます。まさか文章を引用させていただいた谷川先生から直接コメントをもらえるとは思ってもいなかったので嬉しいやら、驚くやら・・・。最近は、金魚と温泉のことばかりで、認知症の記事が疎かになっていましたが、良かったら時々覗いて厳しいコメントなど頂けると幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/6788068

この記事へのトラックバック一覧です: なじみロック、杵柄ロック:

« 傍にいて・・・ | トップページ | 愛は偉大だなぁ・・・ »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック