« 認知症のプラスに目を向ける! | トップページ | 自分が消えていく! »

2007年8月 2日 (木曜日)

認知症の人に嘘をつく

今、私が担当している実習生が「認知症の人と関わるときに、嘘をついて安心させることも必要だと、他のスタッフに教えてもらったんですが、本当に嘘を付いて騙しても良いのでしょうか?良心が咎めて自分にはできません」と相談してきました。確かに、そういった対応で落ち着く方もいらっしゃるかもしれません。しかし、認知症の人に嘘を付いてその場をしのぐような対応はあまり好ましい関わりではないと思っています。行き当たりばったりの嘘でその場を凌ぐのではなく、その人にとっての真実を認めながら共感的に関わっていくことが大切なのではないでしょうか。例えば、目の前に一杯のラーメンがあったとします。「目の前に一杯のラーメンがある」というのは「事実」であり答えはひとつしかありません。しかし、そのラーメンの味をどう感じるのか、答えは人の数だけあります。「旨い」と感じる人もいれば「まずい」と感じる人もいるでしょう。でも、どの答えも間違えではなく、その人にとっての「真実」なのです。認知症の人が自宅にいながら「家に帰ります」という時には、いくらそこが住み慣れた家であっても、その人にとって、そこは自分の家ではないのです。「お母さんに合いに行く」という90歳のお婆さんの中では、その瞬間、母親が生きているのです。このように認知症の人、一人ひとりが、そのひとにとっての真実の世界の中で生きているわけで、その世界を理解し共感的に関わっていくことで認知症の人を良い状態(well-being)に導くことができるのではないでしょうか。「嘘をつくことも大切」と言った職員も、おそらく同じような意味で学生にアドバイスしたのだと思います。しかし、「嘘をつく」という考え方には、その場しのぎ的な対応や介護する側に都合良いように認知症の人をコントロールするといった、ニュアンスを感じてしまいます。これは単なる表現の問題だけではなく、介護者の関わり方にも大きな影響を与えてしまうように思えるのですが、皆さんはどう思いますか?

« 認知症のプラスに目を向ける! | トップページ | 自分が消えていく! »

認知症のケアとリハ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。コメントありがとうございます。
実は私も、こういった世界と少し関わりがあるんですよ。
記事にはしてませんけど。。

ごく身近に現場の大ベテランがいますが、その人なんて
平気で「嘘をつく」といった表現を使います。
もちろん、何の悪気もないわけで、事実とは違うと
思うことを意図的に言うことの重要性を言いたいわけです。
真実の主観性とか複数性について考慮しても、各状況に
おいて事実とそれ以外との区別は人それぞれありますからね。
聞き手がしっかりしてれば、何の問題も間違いも生じないでしょう。

ただ、言葉の使い方には人それぞれ個性がありますから、
無用な誤解や対立を生む可能性は常にあります。
他人事でなく自分の問題として、自覚は持っておきたいと思います。。

ポンポンさんのブログから遊びにきてみました(^_^)

なかなか難しいけど、大切な問題ですね。両親が年老いればなるかもしれませんし、自分も年老いたらなるかもしれない。

いわゆる普通な人も、基本的には認知症の人を虐待したり、差別しているわけではなく、一所懸命接しているのに、言葉の伝え方で受ける印象が違いますからね。認知症だけじゃなくても、日常の人との関わりや、ネットなど、こうやってちゃんと文章にしてみたら真意が伝わる事が多いのに、その人のちょっと伝え方が足りないと、どえらい誤解受ける事ありますよね。
なるべく真意が伝わるように、気をつけて話したいもです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/3702334

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症の人に嘘をつく:

« 認知症のプラスに目を向ける! | トップページ | 自分が消えていく! »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック