« 認知症と共に生きる | トップページ | 認知症の人は何もわからない? »

2007年10月10日 (水曜日)

ケアのコツは「人間と思わないこと・・・?」

 認知症のケアは病気の部分だけでなく、「ひと」を中心に理解し関わっていくことが大切であると言われる。例えば、認知症の人の行動障害を理解する時に、病気の面から理解することも必要だが、その人となりを知ることで、その行動の意味が見えてきたりするのも事実である。

 そういうことからも、「人」を中心にしたケアは大事だなぁ・・・と思っていたのだが、病棟の一部の職員の間ではそう感じていない人もいる。先日、病棟に専属で入っている掃除婦のオバちゃんが、職員に「認知症の人は人間と思わないこと」「認知症の人が叫んでいてもただの騒音と思えばいい」とアドバイスされたと困惑した表情で訴えてきた。それが、効率よく仕事をこなすコツなのらしい。試しにやってみた・・・確かに楽チンである。課せられた業務を淡々と恐ろしいほどこなせる。たとえば、認知症ケアについて講義を受けたり、本を読んだりして学ぶことはできるが、それを身につけ現場で実践していくまでには相当なエネルギーを要する。ところが、認知症の人を「人間と思わない」ケアは、誰にでもでき、与えられた業務を淡々とこなせ、簡単に実践できる「お手軽ケア」という感じがした。おそらく、ストレスの多い職場環境の中で、試行錯誤の結果、見出した術なのかもしれない。しかし、どう思おうとも認知症のひとは「人」なのである。「生命」という偉大でかけがえのないものを共有した存在故に親しみと尊敬の念も湧いてくるのではないか。ところが価値のないもののように扱われ、放置された彼らは、益々、大声で悲痛な叫びを上げ、不穏な状態となっていく。そうすると「人間と思わない」という介護者の非情な思いは更にエスカレートしていく。そこには最早、わたしたちが追い求める認知症の人たちの理想的な姿など完全に見えなくなってしまうのである。

 相手の立場にたって考えてみると、今まで見過ごしていた大切なことに気付かされることがある。「昨日の事も思い出せない、なんでもないことができなくなってしまう、大切な友達のことも思い出せない、もしそんな状態に自分がなったとしたら、どんな気持ちかな?」と、小学4年の息子と一緒に想像してみた。すると息子は「そんなの嫌だ!そんなの悲しすぎる・・・馬鹿にされたような気分で悔しい」と応えた。だったら、そんな自分にどうしてほしいかと尋ねると「やさしくしてほしい。もっと僕のことを知って大切にしてほしい」と言う。認知症の人たちが、優しさや自分らしさを認めて関わってほしいのではないか、そんなことは小学生でも想像がつくのである。

« 認知症と共に生きる | トップページ | 認知症の人は何もわからない? »

認知症のケアとリハ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはです!二日間の学会、お疲れ様でした!!先生方とお話ができて、とても勉強になり、今までの自分を振り返る事ができました。いまのままじゃ、いけない!と強く思いました。また勉強させていただきたいです。ありがとうございました。またブログにコメントさせていただきたいとおもいます^^(なんだか、日本語がヘンですかね??笑って許してください><)

早速のコメントありがとうございます!そして学会お疲れ様でした。皆さんのお陰で無事終了することができました。ありがとうございます。それにしても昼も夜も皆さんパワフルでしたね。なんだか皆にたくさんの元気をもらったような気がします。さあ、明日も仕事だ!がんばるぞ~!!

それマジですか?すさんでるなー。今関わっている心臓専門のあの病院では日常茶飯事ですが、悲しいことですね。アノ病院は看護師半分がカスと諦めてお世話になってますが、同業者として情けないものを感じます。でも個々の資質ですから。心ざしが違うんです。嫌なら辞めればいいのに・・・辞めやがれ、と思ってみてます。支えは心の優しい看護師半分です。だからいい風がふいてくることを願い見守り正していきましょう。嫌でも同僚ですから。嫌でもお世話になってるのですから。

 
     失礼いたします  
  「 心の病い・勝利法則」 のご案内です 
        ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/7661083

この記事へのトラックバック一覧です: ケアのコツは「人間と思わないこと・・・?」:

» くそな俺 [たろーの日記]
てきとーなアフィリエイトばっかり張っていたのでそろそろしっかりブログの記事を書こうと思います。僕は法律を学んでいますが、それほど勉強していないので大した知識はありません知識が必要なのは問題に対処するためですからその「問題に対処する」資格や機会がなければ別に法律なんて知らなくたって問題ないそれは法学部という学部を卒業しても同じことですいくら専門性が高いといっても高校までの義務教育と同じように自分の好きな授業ばかりとって卒業できるわけではありませんもちろん自由な時間が多いからその...... [続きを読む]

« 認知症と共に生きる | トップページ | 認知症の人は何もわからない? »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック