« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の投稿

2007年11月30日 (金曜日)

回想はおかしなこと

 回想とは「個人が過去の人生経験を自由に思い出す行為、または過程」である。人は、年齢を重ねるに従って「あの頃はよかった・・・」などと昔の思い出を偲んだりする。とくに高齢者が自分の人生を振り返って回想することは、とても自然なことのように思えるのだが、ひと昔前の米国では、否定的に捉えられていたと聞くとちょっと驚きを感じる。

 『回想の利用(Marc Kaminsky "The uses of Reminiscence"1984 The Haworth Press)』には、60年代の米国の状況をしのばせる興味深い文章が掲載されている。これを書いているのは、その頃老人ホームの職員として働き始めたばかりの女性。彼女は、先輩の職員や担当の精神科医から、入居者がよく思い出話をするというのを聞かされていた。先輩達の見解は、「思い出話をするのは、よい傾向ではないが困難な歴史を生きてきたのだからやむをえない」というのが最も肯定的なほう。最悪の場合は、「病的」や「時の流れや現実の否定」などとまったく否定していた。挙句になるべく回想を避けるようにゲームや手芸が勧められていたという。(回想法~思い出話が老化を防ぐ~.矢部久美子.河出書房新社)

 確かに、人によっては回想により過去の後悔ばかりを振り返って抑うつ的になってしまうものや、時にはそれが本人を深く傷つけてしまうこともある。しかし、回想することには、もっとプラスの意味も含まれているのではないだろうか。

 人生を振り返ることは、人が死に直面した機会に出会うと、自然に誰もが経験する心の過程である。とくに、積極的に過去の解決されていない問題を意識的に眺めることは、気持ちの安定に繋がっていくものである。

 じつは、60年代の米国に、このように高齢者が回想することを、自然で普遍的な生の営みであり、意味のあることだと肯定的に捉え直した人がいた。それが精神科医ロバート・バトラーである。彼の「回想を臨床的な活動に積極的に組み入れよう」という提唱は、多くの人に影響を与え、「回想法」が誕生するきっかけとなった。

 私たちも、今年の4月からリハの一環として、回想法を週に2回実施している。7~10人程のこじんまりとしたグループではあるのだが、利用者の反応は上々である。

 先日も、はじめて参加された男性が「病院という場所に、こんな会があると友人もできてとてもいいですね」と嬉しそうに語っていた。それ以外にも、元大企業の管理職の男性は「私の自慢できることは、人を馬鹿にしないことです!」と語り、その意見に「その通りだ!」「人間の基本やな~」と賛同する人たちがいたり。時には、「文字が見えますか?」「私のものを貸しましょうか?」と他の参加者を思いやる人がいたりする。毎回のことであるが、病棟内では決して見ることのできないような表情や行為に心打たれてしまう。おそらく、認知症の人が自分の思い出を、よき聞き手と一緒に振り返ることには、情緒の安定や質の高い関係性を構築していく、そんな作用があるのかもしれない。

Dvc00036

2007年11月25日 (日曜日)

らんちゅう復活!

 薬浴3日目、水槽から金魚を取り出し患部を確認してみた。すっかり完治している。もう2~3日治療を続ける予定であったが、思いの他、患部の状態が良好なので、今日、元の水槽の戻すことにした。元気な様子で泳ぎ回る姿に一安心・・・。ところが、自分自身が昨日から風邪気味。誰か僕にも適切な治療を・・・。

Dvc00062

2007年11月24日 (土曜日)

宮崎本物温泉No.13「サンチェリー北郷」

 日南獲れの新鮮な伊勢海老を堪能できる、しかも、掛け流しの源泉を楽しめる温泉は何処か?と考えた時に、必然的に「北郷温泉郷」という答えにたどり着いた。そこで、今回は、北郷温泉郷にある「サンチェリー北郷」に向かうことにした。

 九州宮崎自動車道を田野ICで下り、県道28号線を南に向かって車を走らせる。目的地まで、車で約40分の道のりを直走る。宮崎は、今が紅葉の見頃。赤や黄色の美しい景色に誘われて、「もみじの里とむら」に立ち寄ってみた。

Dvc00061

Dvc00058

青い自然のキャンパスの上に、赤や黄色の絵の具が敷き詰められたような美しい景観に癒されつつ、再び、目的地に向けて出発!今日、北郷町では産業祭が行われ賑わっている様子であったが、意外に車の流れもスムーズで、11時30分に、目的地にたどり着いた。

Dvc00059

受付で、入浴とセットになった「伊勢海老会席コース」(4500円)を予約して、さっそく温泉に入ることにする。館内に、「当館の温泉は、加熱・加水・循環等を一切行っていません」と掲示してあったのだが、「等」というのが気になって、飲用できるのか尋ねてみたところ「できなくはありませんが、飲用はあまりお勧めしません」とのこと、理由は、はっきりしないのだが塩素は加えていないということだった。

Dvc00052

浴室に入り、お湯の感触を確認してみた。ツルツルとした感じが伝わってくる。無色透明のお湯で、特徴的な匂いはない。飲用は勧められなかったが、噴出し口から湧き出るお湯を少し口に含んでみると、塩分が含まれているのを感じた。成分分析表には、「泉質:炭酸水素塩泉」と表示。51度の源泉が、一日に220トンも湧出しているとのこと。

浴室内には、大きな浴槽がひとつと、電気風呂、水風呂。そして、5~6人も入れば満室になりそうな小ぢんまりとしたサウナがある。

外に螺旋階段があったので上ってみると、そこには二つのジャグジーと水風呂が設置してあった。

Dvc00056

Dvc00055

光が燦燦と降り注ぎ、とっても気持ち良い露天風呂。目の前には、のんびりとした田園風景が広がっていました。

Dvc00053

さて、温泉をたっぷり楽しんだ後は「伊勢海老会席コース」だ~!

Dvc00050

Dvc00049

Dvc00048

刺身の盛り合わせ、小鉢、茶シャブ、伊勢海老の刺身と味噌汁、天婦羅、茶碗蒸し、ご飯、お漬物が出てきました。茶シャブは、抹茶のスープを使ったシャブシャブで、自家製のゴマダレで頂きます。お味はGOOD!もちろん、本命の伊勢海老はプリプリの食感とお碗いっぱいに溢れる海老ミソのお味噌汁に大満足でした。

2007年11月23日 (金曜日)

川南町のイルミネーション

 木花運動公園で、息子のサッカーの試合が終わったあと、川南町のトロントロンドームに立ち寄ってみました。

Dvc00044_2

ドーム前広場では、イルミネーションをみようと家族連れやカップルで賑わっていました。このイベントも、今年で開催11回目になるそうです。今ではもう、すっかり冬の風物詩になっています。

Dvc00045

14.5メートルのツリーを中心に、35万球の発光ダイオードを用いて、大小さまざまなツリーが色鮮やかに輝いています。

Dvc00047

Dvc00046

階段も、一段一段装飾されていて、とっても綺麗でした。階段の上では、高校生らしき男の子が、大声で「すきでーす!」と告白している真っ最中でした。イルミネーションのロマンティックな光は、人を大胆な気持ちにさせるのでしょうか?

点灯時間は、午後5時から11時まで。毎週土曜日には多彩なイベントも行われています。皆さんも素敵な人と一緒に訪れてみてはいかがですか?

らんちゅうの目玉が!!!

 子供達も寝静まり、ひとり静かにパソコンに向かっていると、カーテンの向こうから「ピチャピチャ」と水のはじける音が聞こえてきました。その音が金魚が泳ぎまわっている音であることは容易に想像がついたのですが、それがまるで小川のせせらぎのようなので癒されながら聞入っていました。お陰で昨夜は、心地良く眠りにつくことができたのですが・・・。

 ところが、いつものように起床し、水槽を覗いてみると、なんと!・・・らんちゅうの左目が異常に突出している。目の周囲も浮腫っています。「ア~下手こいた~!」

 何で昨夜水槽をチェックしておかなかったのか~!・・・・・と悔やんでも後の祭り。とりあえず、別水槽に移し変え、薬浴をはじめました。回復してくれると良いのだが・・・・。

Dvc00042

2007年11月22日 (木曜日)

冬の散歩道

 休みの日は山歩きをするのが日課です。先日の日曜日、子供と一緒にいつもの散歩コースを歩いていると、様々な草花を発見!

Dvc00040_2

先ず目に付いたのが、石蕗(つわぶき)の花です。温かい海岸付近に自生し、初冬、花茎を立てて黄色の頭花をつけます。葉柄は、食用として用いられることもあります。

Dvc00039

 椿です。日本の照葉樹林を代表する木のひとつですね。花の美しさもさることながら、昔は実から油を採ったり材を加工して生活に役立てていたそうです。

Dvc00037

この花は、ゴンズイといいます。実はゴンズイという魚がいるのですが、刺があったりして食用には不向きな魚なんですね。植物のゴンズイの樹も材が役に立たないことからついたのだそうです。色は華やかで綺麗なんですけどね・・・。

Dvc00041

ここは、『四季ロード』と僕が勝手に呼んでいる場所です。春には桜が満開になってとっても綺麗なんですよ!

紅葉に目をやりながら歩いていると、大変珍しいものを発見しました。

Dvc00038

何だか分かりますか?そうです「むかご」ですね・・・。

Dvc00035

こんなに収穫しました。これを湯がいて、さっと塩を振り掛ければ焼酎のつまみに変身。今夜が楽しみだなぁ~。

2007年11月18日 (日曜日)

ROCKYがサザエさんをKO?

21vstaehz2bl_2

 『皆、情熱を持っていても、その炎を燃やせる人は少ない。でも、あなたはその機会を得た。燃やすべきよ・・・昔も、これからも・・・それがあなたよ。他人に惑わされる人じゃない、世間にどう映るかより、自分の信じる道かどうかよ!・・・ロッキー!私を見て。これは自分の信じる道?自分がそうしたくて、そうするなら、やらなくっちゃ、戦うのがボクサーよ!』

 自信が持てず、一歩が踏み出せないでいるときに、こんな言葉をかけられたら勇気でますよね~。1週間に1本は必ずDVDを観るのですが、「ROCKY THE FINAL」は、人生に挫けそうになった時や、やる気が湧いてこない時に観るには最高の映画です。

 ひと昔前、「サザエさんシンドローム」という言葉がありました。日曜日の夕方に、サザエさんのエンディングテーマを聴くと、週明けからの仕事を考えて憂鬱になってしまうというわけです。でも、ROCKYの強烈な右フックで、サザエさんもKO間違いなし!

『世の中バラ色じゃない、厳しくて、つらい所だ。油断したら、どん底から抜け出せなくなる。人生ほど重いパンチはない。だが、大切なのは、どんなに打ちのめされても、堪えて前に進み続けることだ。そうすれば勝てる。自分の価値を信じるならパンチを恐れるな。他人を指差して、自分の弱さをそいつのせいにするな。それは卑怯者のすることだ。お前は違う。自分を信じなきゃ人生じゃないぞ』

2007年11月16日 (金曜日)

秘密のノート

41ius74ngtl  お風呂の中で、子供達と哲学ごっこやっている、と何度か書きましたが、最近、また面白い遊びを発見した。

 子供達に、「秘密のノートをあげるね」と言い、架空の三冊のノートを手渡す。三冊のノートにはそれぞれ「歓びノート」「悲しみノート」「有り難うノート」というテーマが付けられていて、今日一日を振り返りながら「今日、○○でうれしかった」「今日、○○で悲しかった」「今日、○○でありがたかった」そんなことをお互いに報告しあうのである。

 実は、これは僕のオリジナルではなく、五木寛之さんの「人間の関係」からヒント得たものなんですね。彼は、今まで3度ひどい鬱状態に陥ったことがあったらしい。そんなときに自分の気持ちをこのようなテーマで綴っていったことで、立ち直ることができたと紹介していました。これを応用してみたという訳です。

 息子は、「今日、給食でね、僕のおかずだけなかったんだ。そしたらね、皆が少しずつ取り分けてくれて、僕のおかずがクラスで一番大盛りになったんだよ。だから嬉しかった」「今日ね、友達と夕方遊ぶ約束をしていたのに、○○君が先生に怒られていて、帰る時間が遅くなっちゃって遊べなかった。悲しかったなぁ」「今日ね、昼休みにドッヂボールをしている時に転んで手を怪我したんだ。そしたらね、○○君が掃除の時間、僕の代わりに掃除機を運んでくれたんだ。感謝感謝!」と報告してくれた。それにつられて娘達も「私の嬉しかったことはね!」と次々に自分のエピソードを語ってくれた。どうやら秘密のノートは、子供達とのコミュニケーションにも大いに役立ちそうである。

 ちなみにお父さんの嬉しかったことは?と聞かれたので「ドラッグストアの綺麗なオネエちゃんとお喋りできたこと!」と勇んでこたえたのだが、子供達はしらけた顔で見つめていた・・・・。

2007年11月14日 (水曜日)

ピンピンコロリ?

 PPKって皆さんはご存知ですか?勿論、NHKの「おかあさんといっしょ」に出てくるンツろうのことではありません。(パンツぱんくろうについてはこちらを御覧あれ!http://www.nhk-character.com/chara/pankurou/index.html

 PPKとはロリの略語のことなんですね。つまり、元気に長生きして、ある日突然、誰の世話にもならずにポックリ逝くという、およそ人間の理想的な生き方、いや死に方を表しています。

 このようなポックリ願望は、平安時代の末法思想として、観音様に誘われ阿弥陀様の元にポックリ逝けるという人生終末の御利益を願ったのがポックリ祈願だったようで、仏教を中心に古来からあったようです。

 第一生命が行ったアンケート調査では、「どんな最期が理想ですか?」との質問に対して、64%のひとが「ポックリ逝く」と答えていました。確かに、下の世話や認知症になって家族に面倒をかけたり、身体の苦痛に耐えながら寝たきりの生活を続けるよりも、死ぬ時はポックリと逝きたいものだと誰もが思うことでしょう。

 では何故、このような願望を抱いてしまうのでしょうか?おそらく「認知症や寝たきりになってしまった自分を周囲が受容してくれないのではないだろうかという思い込み、家族や他人に迷惑をかけたくないという願い=ポックリ逝きたい」という図式が、ひとつの理由になっているのではないでしょうか。しかし、そのように思い込ませてしまう社会とは本当に理想的な社会なのでしょうか?

 PPKは、古来からの庶民の願いでもあり、それ自体を悪く言う気はありません。しかし、そこには、長寿を祝うというようなおおらかな心情よりも、老いても他人には迷惑をかけまいとする、けなげではあるけれども、結局は老いを何とか忌避しようとする嫌老の思想が根底にあるような気がします。

 人の生き死にや老いは、思うに任せぬものです。そして認知症や寝たきりになる可能性は誰にでもあります。しかし、ピンピン生きてコロリと死ぬ。それを望まなければならない社会は、認知症の人や障害を持った人にとっては、非常に生き辛い社会だと思います。だから、ピンピンでなくなったときに個々人に、どんな関わりができるのだろうか?と思いを馳せてみることも大切なことだと思います。そうすることで社会が変われば、認知症の人や障害をもった人たちは、もっと安心して暮らせるようになるのではないでしょうか。

2007年11月10日 (土曜日)

金魚には関係ないけど

Dvc00034_2

 11月に入っても暖かい日が続きますね。昨日、新聞に温暖化の影響で鮎の小型化、減少を懸念する記事が載っていました。鮎は成熟すると下流で産卵しますが、水嵩が増すと下流に下り、水温が下がることによって産卵を始めるそうです。ところが、ここ数年は、雨量が減少し、温暖化の影響で産卵時期が1ヶ月ほど遅れてしまっているとのこと。その結果、孵化した稚魚は海のプランクトンを食べて成長する時期が短くなり小型化、減少するのではないかと言われています。家の近所には天然の鮎を出してくれるお店があるのですが、美味しい鮎が食べられなくなる日がくるのかなぁ・・・。そんなことを考えながら金魚を見つめていました。僕達には「そんなの関係ねぇ~」って顔してますけど。

2007年11月 8日 (木曜日)

作業のちから

 痩せた頬に、薄っすらと無精髭を蓄え、ウツラウツラしている。これが初めて出会った時のAさんの姿でした。2度の脳梗塞で右片麻痺となり、さらには物忘れが目立つようになって脳血管性認知症と診断。身の回りのことは、食事以外は全て介助が必要な状態でした。レクリエーションなどには全く興味がないようで、部屋から食堂まで車椅子で連れてこられると、自力で移動ができないため、レクリエーションを楽しんでいる人たちを横目にウツラウツラしはじめるのです。

 軽い言語障害があるため、流暢には会話できないのですがCOPMを用いて「やってみたい、うまく出来なくて困っている」そんな生活行為についてインタビューを行ってみた。すると、「歯磨きが上手にできるようになりたい」「服を着ることができない」というニーズを抱えていることがわかった。しかし、インタビューの終了間際「何もできそうにない・・・すべては、この右手のせいです・・・」と視線を落とした。

 作業療法士として、何か力になれることはないのかと考え、とりあえず車椅子を調整することから始めてみた。モジュラー型車椅子やクッションなどを用いて、車椅子上でズッコケ座りにならないよう工夫してみた。左手が右のブレーキまで届かないというので、延長ブレーキを取り付けてみる。そして、洗面所までの往復ができるように車椅子操作の練習を行った。その結果、約2ヶ月程で車椅子を自力で操作できるまでに変化した。また、片手で歯磨き動作ができるように環境を調整することで、「歯磨きができる」という目標を達成することができた。しかし、もうひとつの「服を着ることができない」という問題に関しては、残念ながらクリアすることはできなかった。

 再評価の時、更衣の問題に関しては介護職員にお願いした方が効率が良いとの理由から「もう大丈夫です」とAさんから申し出があった。なんだか自分の無力さに申し訳ない気分になってしまったのだが、驚いたことに「何もできそうにない」と言っていたAさんの方から「無理かもしれませんが・・・字が書けるようになりたい」と提案してきた。実は、遠方に住む知人から、しばしば手紙が送られてくるのだが、一度も返事を書いたことがない、その知人は戦友でもあり自分にとっては特別な人。一度でいいから自分の手で返事を書きたいというのである。左手の機能も不十分であるため鉛筆などを用いて手紙を書くことは困難な状態にあることは明らかであった。

 そこで、今ではほとんど使われなくなったワープロを持ち出し、平仮名入力ができるように設定し、キーボードにはわかりやすく文字を書いたシールを貼ってみた。それをAさんに提供したところ、左の人差し指一本で文字を入力することに成功した。そこで、下書きの文章を一緒に考え、それを一文字ずつ入力していくのだが、キーボード上から文字を探し、入力するまでには5~6分はかかるのでAさんにとっては大変な作業であった。しかし、それでも懸命に取り組み、1ヶ月程かけて一通のハガキを完成させ投函することができた。しばらくして、ご家族の方が手紙が届いたということで本人に届けてくれた。Aさんは、それを私のところまで嬉しそうにみせに来てくれた。たぶん相当嬉しかったのだろう。

 その後も知人との手紙のやり取りは続くが、再びAさんから提案が上がった。「絵を描きたい」というのである。実は、もともとAさんはCMソングを作詞したり、油絵を描いたりと芸術的才能に富んだ方だった。そこで、透明のファイルに下絵を書き、カッターで刳り貫いたものをステンシルの要領で色をつけていく活動を提案した。スポンジに絵の具を含ませ、ひたすら左手で叩きつけるように色をのせていくだけの単純な工程のため、Aさんでも簡単に行うことができた。しかも、想像以上に綺麗な作品が出来上がるため、Aさんは夢中になって取り組むようになっていった。そして、Aさんは亡くなる前日まで、これらの作業に取り組み続けた。

 Aさんの生活の豊かさに、僅かながらでも貢献できたことは、自分にとって貴重な体験になったと感じている。「何もできそうにない」という思いが、Aさんにとって価値や興味を持った意味ある作業のなかで、「できることがあった」という思いに変わり、「こんなことも、あんなこともやってみたい」と更に作業が広がっていくことで、人の生活の豊かさは良い方向へと変化していくのかもしれない。したがって、人が意味のある作業に出会うきっかけを生み出していくことが私たち作業療法士の重要な役割ではないかと思う。ただし、それは個々人の人生の物語を知り、その物語の中でセラピーが協業的に展開できてはじめて生きてくるものだと思う。

2007年11月 3日 (土曜日)

金魚飼育.水温の調整方法

 最近朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。これからの季節は、水槽の水換えをする時の温度調整ってちょっと面倒ですよね。特に、ヒーターを使用している場合などは・・・。

 前日、汲み置きしていた水にお湯を入れて温度を調整したりしている人もいると思います。実は、僕もそうなんですが、なかなか適温にピタッと治まらず苛々していました。何か良い方法はないものかと思案していたところ、温度を上手に調整できる計算式を発見!といっても、僕が発見したわけではなく、どこかのHPでみたものです(忘れちゃったけど・・・)。

 ○リットルで▲℃の水に、□リットルで△℃のお湯を加えた時の水換え用の水の温度は(○×▲+□×△)/(○+□)の公式でほぼ間違いなく答えが出せるというものです。では、さっそく実験してみましょう!

 先ず、屋外に汲み置きしておいた水の温度を測定。結果は、19℃でした(容量は20リットル)。水槽内の温度は現在、ヒーターで調整し23℃になっていました。とりあえず、80℃のお湯で調整することにします。この場合、必要なお湯の量は、(20×19+□×80)/(20+□)=23なので、□=1.4リットルとなります。

Dvc00032 さっそく綺麗な鍋に、1.4リットルのお湯を沸かしてみました。

水温計を使用して、温度を測定。屋外に運ぶので、途中でお湯が冷めてしまうことも考慮して、80℃より若干、高めにしておきました。

これを、汲み置きしていた水に混入。すると結果は、・・・・・・・・・水温計では24℃。ほぼ予想通りの結果となりました。

こんな面倒くさいことしなくても、ヒーターで調整すればいいじゃん!と言われるかもしれませんが・・・そんな人はそうすればいいじゃん!!

Dvc00031

2007年11月 2日 (金曜日)

金魚の色が・・・

 ほどよい濃さの青水は金魚の健康や色彩を保つ上で重要です。しかし、ナンキンやパール系の金魚はガス病なりやすくなり青水飼育はあまり向かないといわれています。同じ金魚でも品種の違いによって様々なんですね。

 先月、2匹の地金が立て続けて★になってしまいました。地金は青水飼育が必須ですが、状態の良い青水でまもなくやってくる地金を迎えられるよう備えておきたいと思っています。

 現在は、地金が入る予定の水槽にはオランダ獅子頭が元気に泳いでいます。シシガシラに青水が適しているのかどうかは分かりませんが、購入した時よりも随分ふっくらとした感じで、体色も鮮やかになってきました。青水や赤虫、そして日光の管理などが功を奏したのでしょうかね・・・。

Dvc00027

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック