« グアムで迷子焼け! | トップページ | 宮崎本物温泉No.14「湯の谷温泉」 »

2007年12月15日 (土曜日)

高鍋の天然牡蠣は、うめっちゃが~

 9月に漁が解禁になると、伊勢海老を食し、12月冷たい西風が吹きつけだすと牡蠣が無性に食べたくなる。先週、新聞に高鍋で「天然牡蠣漁がはじまった」と出ていた。今年は台風も少なかったため、海水の濁りもなく、例年に比べ良質の牡蠣があがっているそうだ。記事を読みながら、牡蠣の濃厚な旨みと磯の香りが口中に蘇ってくる。ついに堪えきれなくなり、今日は午前中で仕事を終えると、その足で高鍋の「秋山商店」にむかった。

 50分程でたどり着くと、お店の前では従業員の方が牡蠣の身を殻から剥がす作業に追われていた。

Dvc00067

 店内に入り、お品書きに目を通すと「牡蠣定食2100円」「牡蠣コース3150円」「磯コース3150円」「エビフライ定食1050円」とある。とにかくお腹一杯牡蠣が食べたかったので「牡蠣コース」を注文。

Dvc00064

 先ず、酢ぬたが運ばれてきました。甘酸っぱい酢味噌と牡蠣のコンビネーションをビールとともに頂きます。本当は、ビールより熱燗でやりたかったけど・・・・。

 酢ぬたの後には、ご覧の通り、「焼き牡蠣、牡蠣味噌焼き、牡蠣フライ、サザエのつぼ焼き、牡蠣飯、お味噌汁」と牡蠣尽くし。

Dvc00065

 先ずは、焼き牡蠣を一口頬張る。「おいしい~!」とゴチバトルの岡村みたいに叫びたくなる美味さ。高鍋の牡蠣は天然物なので、養殖物に比べると身は小ぶりだが、味がとても濃厚で旨みがあります。牡蠣の漁場である蚊口浜は、小丸川から注ぐ山の水と海水が混じりあいプランクトンの宝庫。その荒磯で育まれる高鍋の牡蠣は、臭みがなく、焼いてよし、蒸してもよし、なんでもよし!

Dvc00066

« グアムで迷子焼け! | トップページ | 宮崎本物温泉No.14「湯の谷温泉」 »

宮崎B級グルメ情報」カテゴリの記事

コメント

じゅん吉さん、こんにちは。
テンプレートがクリスマスようになっていて、とっても可愛いです。白ベースにサンタさんやリースがちらほらと…すごく自分好みです(´ω`*)
天然の牡蠣いいですね~。写真の牡蠣料理の数々、すごく美味しそうです☆私は天然ものの牡蠣を食べたことがありませんが、働くようになれた暁にはいつか必ず…

久しぶりにお邪魔したので、すごくこの話題にくいついてみました^^

天然の牡蠣は美味しいですよ~。実は5~6年前までは牡蠣は生臭くて、あまり好きではありませんでした。でも、高鍋の天然の牡蠣を食べてから大好物になってしまいました。臭みがなく「何でこんな美味しいものを今まで食べれなかったのか」と後悔したくらいです。もし宮崎を訪れる機会がありましたら、一度食してみる価値ありですよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/9418501

この記事へのトラックバック一覧です: 高鍋の天然牡蠣は、うめっちゃが~:

« グアムで迷子焼け! | トップページ | 宮崎本物温泉No.14「湯の谷温泉」 »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック