« 宮崎本物温泉No.14「湯の谷温泉」 | トップページ | 金魚たちと暫しの別れ »

2007年12月24日 (月曜日)

地金だ~!

 妻に「ばっかじゃないの~」と罵られながら、やっとのことで手にすることができたお小遣いの2万円を握り締め、金魚屋さんに走った!。

 ネットや電話で、地金を捜し求めてきたが「卸し専門で個人販売はしていません」「地金は管理が大変なので、うちでは取り扱っておりません」等と断られ、年内購入は無理かもしれないと思っていた矢先。宮崎県内に地金を扱っているお店を発見した。まさに灯台下暗しであった。宮崎市田野にある「田野金魚・錦鯉専門店」に問い合わせたところ「現在11匹います。品評会でも何度も賞をとられている愛知県の杉浦さんからいただいたものですよ」との返事をもらい、胸弾ませながら目的地に向かった。

 お店に着くと、店主が丁寧に店内の金魚の紹介をしてくれた。ランチュウ、ナンキン、トサキンをはじめ、珍しいところでは、日本オランダやあや錦、プラチナ色に輝くダルマ流金など、はじめて目にする金魚たちに興奮しまくりといった感じでした。

 ところで、地金の方はというと、じっくりと1時間以上吟味した結果、かわいらしい2匹をお持ち帰りすることにしました。

Dvc00068

 二匹とも当歳魚で、まだ完全に鱗が出来上がっていません。一匹は背びれの赤が少し弱いとの理由で、値段も3000円ほど安くなっていました。でも、孔雀尾の美しさと胴が詰まった感じの体型がなんとも愛らしい。また、水槽デビューしたら写真をアップしていきたいと思います。

« 宮崎本物温泉No.14「湯の谷温泉」 | トップページ | 金魚たちと暫しの別れ »

金魚のこと」カテゴリの記事

コメント

おお!とうとう地金再導入ですね。それも愛知県とは!
すばらしいじゃありませんか!
専門店でGETというところがいい。
しかし、なかなか趣味的なものは理解されませんよね。金魚にお金掛けるなんてっと奥さんに思われても仕方がないかな?
わたしも負けずに地金探ししようかな?

見たよーン。価値はわからないけれど、嬉しがってるのは伝わるわ。長生きしてね金魚様。来月はたっぷり「いらっしゃいませ金魚様」のはなし聞きましょ。マンボーの想像編もね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/9543535

この記事へのトラックバック一覧です: 地金だ~!:

» 無料オンラインゲーム国取物語 [【【極秘マニュアル】】貴方はまだ宣伝貧乏ですか?]
【警告】無駄な浪費、まだ続けますか? 実践者全てが、見事100%成功!! あなたは、まだ無駄な労費を掛けて 効果のない宣伝方法を続けますか? 結果が出ないのは、何が原因なのかを考えた事がありますか? マニュアル購入者全てが目からウロコ!!クレーム0件!!当然です!! あなたがすぐに宣伝開始出来る状態まで完成させてお届け致します。 あなたは明日から、広告費用など一切心配する必要もなく... [続きを読む]

« 宮崎本物温泉No.14「湯の谷温泉」 | トップページ | 金魚たちと暫しの別れ »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック