« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の投稿

2008年2月24日 (日曜日)

地金が転覆病!?

Dvc00180  我が家では、今まで「咲きひかり(育成用)」を、1日おきに金魚達に与えていましたが、先日、行きつけのペットショップで「色揚げ効果抜群!」と「咲きひかり(艶姿)」を勧められ購入しました。

 艶姿と育成用を1:3の比率で混合し、金魚たちの様子を見ながら1日おきに与えていました。ところが、しばらくして地金に変化が・・・。

Dvc00179

 餌を食べた日の夕方には、御覧のように水面にプカプカと漂うことが多くなってきました。

 4匹いる金魚(地金2匹、オランダシシガシラ1匹、ランチュウ1匹)のうち、このような症状が出始めたのは、この地金だけ。このまま重度の転覆病になってしまうのではないかと心配になったので、現在は育成用だけ与えています。その後は症状は出ていません。地金は非情にデリケートな金魚ですから慎重に・・慎重に・・・。

2008年2月16日 (土曜日)

ランチに本格京懐石を・・・

Dvc00178  ちょっと贅沢気分で京風懐石など食べてみようかと、「季節料理 綾月」を訪れました。

 県立宮崎病院を過ぎ、最初の信号を右折、50mほど進むとドイツ菓子「カラカス」が左手に見えてきます。そこを左折すると「綾月」の看板が見えてきました。

 車が渋滞していたせいで、予約時間を40分も遅刻してしまいました。ランチは11:30~14:00、到着時刻が13:15分、ヘタコイタ~!

Dvc00177  とにかくダッシュで店内に入ると「御待ちしておりました」と、店員さんが笑顔で出迎えてくれた。そのまま、個室に案内され、何とか一安心。

 店内には個室、カウンターをあわせると60席はあるとのこと。個室は、掘りごたつ形式になっていてゆっくりと寛ぎながら食事ができます。

 お昼のメニューには、「栗田御膳(1000円)」、「おまかせコース(2100円)」、「おまかせコース花(3150円)」があります。ディナーでは更に品数の多い「おまかせコース月(4200円)」もあります。

 今回は、前日予約注文していた「おまかせコース花」を頂きます。

Dvc00168 まずは、食前酒とともに小鉢とお吸い物、お刺身が運ばれてきました。 お刺身は、石鯛の刺身が梅の花と菜の花で綺麗に彩られていました。石鯛のコリコリとした食感のよさを味わいながら、食前酒を頂きます。梅酒かな?と思ったのですが、桃のような香りで、すっきりと甘さ控えめな味です。

Dvc00169

Dvc00172

 食材は、すべて地元宮崎のものを使用しているそうです。京料理らしく、繊細な味付けで、見た目でも贅沢な気分が楽しめる料理ばかりです。

Dvc00173

こちらは、白身魚やワカメなどを湯葉で巻き、イクラをトッピングしたものです。京都といえば、やっぱり湯葉がなくっちゃ~、ねっ!

Dvc00174

 止めは、セリの入った混ぜご飯、お味噌汁とお漬物。そしてイチゴを使ったデザートで終了!程よくお腹も満たされ、「よは満足じゃ~」

Dvc00175

Dvc00176

 残念ながら、今回は料理に関する説明を頂くことができませんでした。情報も料理を楽しむ大切な要素ですので、できれば一品一品どのような料理なのか、説明してもらいたかったな~。それだけが心残りです。

季節料理 綾月  住所:宮崎市大橋1-66永吉ビル1F 営業時間:(11:30~14:00、17:30~22:00) 定休日:日曜日 TEL:0985-22-2037』

2008年2月11日 (月曜日)

認知症の予防

 妻とテレビを観ていて、「この女優さん、何て名前だったかな?」と、二人して思い悩むことが多くなってきました。年齢とともに確実に脳が老い衰えてきていることを否でも実感させられます。繰り返し、このような経験を重ねていると、「いつまでも健康でありたい」「ボケたくはない」、やっぱりそう思うのです。

 でも、どうして「ボケたくない」と思ってしまうのでしょうか?・・・いろんなことが分からなくなってしまう、今まで当たり前にできていたことができなくなってしまう、他人の施しを受けなければ生きていけないのが辛い等、様々な理由が挙げられるでしょう。しかし、よくよく考えてみると、「そんな自分を認めたくない」、さらには「そんな自分に対して、周りのものから侮辱されたり軽蔑されたくない!」という思いが、ボケたくないことの本当の理由であることに気付かされます。だから、認知症の不自由さに対する援助を行うとともに、それぞれの人の誇りや尊厳を傷つけないことを深く考えるべきなのかもしれません。

 このような態度は、認知症の症状にも影響してくるものです。沖縄県島尻郡佐敷村で、琉球大学精神科の真喜屋浩先生が行った調査報告は、認知症の人たちとの関係のあり方が、その症状に肯定的な変化をもたらす可能性を示唆しています。

『真喜屋先生は村の65歳以上の老人708名(男268名、女440名)全員について精神科的評価を行ったのですが、明らかに「老人性痴呆」と診断できる人が27名(全体の4%)で東京都の有病率と変わりません。しかし全症例を通じて、うつ状態や妄想・幻覚・夜間譫妄症状を示した人はなかったのです。これは当時の東京都の調査結果と比べると信じがたい知見です。東京では「痴呆老人」の2割が夜間譫妄を現し、半数に周辺症状がありました。また、沖縄ではうつ状態がまったく認められなかったが、アメリカでは痴呆の4分の1から半分にうつがあると報告されています。周辺症状のない穏やかな痴呆状態(学術用語では単純痴呆と呼ばれますが、私は純粋痴呆と呼んでいます)をもたらした要因はなんでしょうか。真喜屋先生は、このように考察しています。「佐敷村のような敬老思想が強く保存され、実際に老人があたたかく看護され尊敬されている土地では、老人に精神的葛藤がなく、たとえ器質的な変化が脳に起こっても、この人たちにうつ状態や幻覚妄想状態は惹起されることなく、単純な痴呆だけにとどまると考えられるのである」これらの事例から推察されるのは、「痴呆」は被害妄想、夜間譫妄、幻覚、攻撃的人格変化といった周辺症状が現れない限り、「純粋痴呆」として平和的共存が可能であり、その現象は地域全体で実現できる可能性がある、ということです。』(引用:大井玄「痴呆老人は何を見ているか」新潮社)

 現在、認知症予防に関してはエビデンスが少なく確立のための研究が実施されているところです。そのような中で、食生活の管理やウォーキングなどの有酸素運動、知的・社交的活動などが認知症予防に有効ではないかということで推し進められています。しかし、高齢者が介護を必要としない状態を保つ工夫をすること、またいったん要介護状態になってもそこから更に悪化させないことが予防の目的であるならば、高齢者自身が意欲的に予防に取り組み、「認知症と闘う」だけではなく、「認知症と共生する」というスタンスも必要になってくるのではないでしょうか。

 認知症は誰にでも起こってくる可能性を持っています。老いに対する敬意、ゆったりとした時間の共有、認知症の人たちの認知機能を試したりするのではなく情動的なコミュニケーションや楽しめる活動に従事できる、そんな力をもった地域や環境があれば、認知症の人たちは「老いの過程にある正常な人間」として人生の終末までたどり着けるのかもしれません。

Dvc00144

宮崎本物温泉No.15「加江田荘」

Dvc00151 今回は本物温泉を求めて青島方面を目指します。青島は巨人軍で賑わっていますが、まったく野球に興味がないので素通り。目指すは、宮崎市青島自然休養村センター、通称『加江田荘』。

昭和54年開業されたようですが、浴室は6年前にリニューアルされました。泉質の良さには定評があるようなので楽しみです。

施設入り口に掲げてある看板を見ると、入浴料(大人400円、子供200円)、営業時間は午前10時~午後9時までとなっています。私たちが温泉に着いたのが夕方の4時。時間帯にもよるのでしょうが、駐車場に車を止められないほどの沢山の方が訪れていました。

Dvc00152

入浴料を払った後、長い廊下を進みます。途中、家族風呂があり空室となっていたのでこっそりと忍び込んで中を拝見させてもらいました。

家族風呂はひとつだけ。バリアフリー対応になっており、ゆったりとした空間がありました。利用する場合は予約が必要になってくるようです。

Dvc00159 浴室内に入ると温泉成分表が掲示してありました。

泉質は『ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉』、PH値8.0、32.7℃の源泉が1分間に約180ℓ自噴しているそうです。

お湯はやや黄褐色、噴出し口から出るお湯を少し口に含んでみると、穏やかな塩辛さが感じられました。

Dvc00153

Dvc00155

さっそく一番大きな浴槽に浸かってみました。源泉が、32.7℃なので加温して湯船に注がれています。もちろん循環なしのかけ流し。お湯はトロトロ、スベスベで、肌に吸い付くような感触でした。子供達は「熱い!」とぼやいていましたが、常連さんの話ではいつもはもっと温めなんだそうです。

Dvc00160 露天風呂があるのかな?と思い、湯船に浸かりながら窓の外に目を向けると・・・残念ながらそうではありませんでした。

屋外には、大きなベンチが置かれサウナ上がりの人たちが、涼んでいました。

Dvc00161

Dvc00165

こちらは、4~5人も入ればいっぱいになりそうな小さ目の浴槽ですが、加温されていない源泉が、そのまま注がれています。かなり温めではありますが、加温されたものに比べると驚くほどのトロトロ、スベスベ感があります。さすが源泉ですね~。

浴槽内には、これらの浴槽以外にも歩行浴、サウナがあります。また、掛け湯専用のシャワーや消毒殺菌済みのサウナ用マットが準備してあり、レジオネラ対策もきちんとされていました。

Dvc00154 Dvc00158_2 Dvc00166 

Dvc00167 Dvc00162 Dvc00163_2

宮崎市青島休養村センター「加江田荘」

宮崎市大字加江田6896 TEL0985-65-1921 営業時間10時~21時 休館日:毎週火曜日 宿泊:大人6000円(一泊二食付き) 宮崎市街地から車で約20分(宮崎空港より約10分) ホームページhttp://www.bunkahonpo.or.jp/onsen

2008年2月 9日 (土曜日)

疲れたときは名画で涙・・・

 最近、面倒な仕事が重なってかなりお疲れモード。こんなときは、名画を観て号泣する、最高のストレス発散方法です。今まで観た映画の中から特に印象に残ったものをいくつか紹介します。

まずはカンヌ映画祭でグランプリを受賞し、世界各国で47部門の賞に輝いた感動の名作『ライ・イズ・ビューティフル』です。極限状態の中でも決して人生の価値を見失わず、笑いと愛で家族を守りぬく勇敢な父親の姿に感動。見終わった後に涙が込み上げてきます。

ベタな映画と酷評されようとも私にとっては名作です。我が家の子供達も大好きな『3丁目の夕日』、何度みても号泣してしまいます。「じゅんのすけ~!!!」

最後に名画ではないのですが、どんなに疲れていても元気にしてくれる男『アントキの猪木』、最高です!私の笑いのツボにジャストミート!

2008年2月 3日 (日曜日)

金魚に感じる原感覚

 今日は、午後から寒くなりそうだと天気予報で言っていたので、午前中のうちにいつもの散歩と太極拳をすませ金魚の水換えを行いました。地金たちも、水槽デビューして1ヶ月が経過。今までの経験では、飼育を開始して2週目、1ヶ月目に病気を発症するパターンが多かったのですが、今回は大きな病気もなく、恙無く泳ぎ回っています。

Dvc00147

 偶さかの僥倖か、徹底した水質管理と観察が功を奏したのかわかりませんが、いづれにしても一安心です。当然のことですが、元気に泳いでいる姿を見ると自分の心も元気になり、病み衰えていく姿を見れば自分の心も沈んで行きます。寂しいと感じる・・・。

 でも、何故そうやって共鳴しあうことができるのだろう?・・・もしかしたら自らをそれと同じに感じているからではないでしょうか。しかし、親しみの念は、自分とよく似た資質を持つ相手に対して覚える感情のはずです。姿かたちの異なる生物に自分は何を見ているのでしょうか。そう考えていくと、それは他でもなく『生命』の存在に気付くことになります。生命こそは、あらゆる生き物に共有されている本質でもある。だから、相対的に独立した存在が同じ生命として繋がっていく所に同じと感じる感情が生まれてくるのかもしれませんね。私たちは自分で思っている以上に生命としてのプリミティブな感覚のなかで存在しているのかな・・・。

Dvc00145

2008年2月 2日 (土曜日)

宮崎のおすすめUDON

 映画「UDON(ユースケ・サンタマリア、小西真奈美.主演)」を観て、「うどんが食べた~い!」と思った人がいるかもしれません。「ぶっかけうどん」は宮崎では、あまり一般的な食べ方ではないので、映画の中に出てきたように、湯がいた麺に生卵を落とし、醤油でシンプルに頂く「ぶっかけうどん」を一度食してみたいなぁと思っていました。

 そんな思いを叶えてくれるお店がありました。しかも、結構身近にあったんですね。お店の名前は「小田製麺所(0982-54-2819)」と言います。お店といっても元々は製麺所で、現在もうどん以外にラーメンやギョウザの皮などを製造しています。

Dvc00133

Dvc00138

 店内を覗くと御覧の通り、10人も入れば満席という狭さ。しかも、我が家の食卓で食事しているような錯覚に陥りそうなくらいアットホームな雰囲気です。しかし、お客さんがひっきりなしに訪れていました。

Dvc00136

 メニューも実にシンプル。「ぶっかけうどん」以外には、「特性うどん(350円)」「釜玉うどん(250円)」「カレーうどん(400円)」「かけうどん(200円)」のみ。まずは、「特性うどん」を注文してみました。

Dvc00134

 濃厚なつゆの上に、シコシコと腰のある麺。それに、納豆、卵、ねぎ、天かすが乗っています。これを、グチャグチャにかきまわして一気に頂く・・・そこそこボリュームがあったにもかかわらず、おかわりしてしまいました。

Dvc00137

 さてお次はカレーうどんです。息子は「美味しい~」と言いながら食べていましたが、結構スパイシーな感じでした。辛いのが苦手という子供さんには、ちょっと不評かも・・・。

Dvc00135

 こちらは「釜玉うどん」です。醤油をかけ、よく混ぜ合わせて食べます。特性うどんに比べると、食べ飽きない感じで何杯でもいけそうです。

 結局、家族5人で、特性うどん(3杯)、釜玉うどん(2杯)、かけうどん(1杯)、ぶっかけうどん(1杯)、カレーうどん(1杯)、おにぎり(5個)をたいらげて2700円。ところが、小学生は割引が効くとのことで、500円も割り引いてもらいました。うどんってついつい食べ過ぎてしまうんですよね。さすがにお店の人も「よく食べますね~」と唖然とした表情でした。

小田製麺所:0982-54-2819 定休日(日曜) 営業時間(6時~8時、12時~14時)

UDON プレミアム・エディション DVD UDON プレミアム・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック