« 宮崎本物温泉No.15「加江田荘」 | トップページ | ランチに本格京懐石を・・・ »

2008年2月11日 (月曜日)

認知症の予防

 妻とテレビを観ていて、「この女優さん、何て名前だったかな?」と、二人して思い悩むことが多くなってきました。年齢とともに確実に脳が老い衰えてきていることを否でも実感させられます。繰り返し、このような経験を重ねていると、「いつまでも健康でありたい」「ボケたくはない」、やっぱりそう思うのです。

 でも、どうして「ボケたくない」と思ってしまうのでしょうか?・・・いろんなことが分からなくなってしまう、今まで当たり前にできていたことができなくなってしまう、他人の施しを受けなければ生きていけないのが辛い等、様々な理由が挙げられるでしょう。しかし、よくよく考えてみると、「そんな自分を認めたくない」、さらには「そんな自分に対して、周りのものから侮辱されたり軽蔑されたくない!」という思いが、ボケたくないことの本当の理由であることに気付かされます。だから、認知症の不自由さに対する援助を行うとともに、それぞれの人の誇りや尊厳を傷つけないことを深く考えるべきなのかもしれません。

 このような態度は、認知症の症状にも影響してくるものです。沖縄県島尻郡佐敷村で、琉球大学精神科の真喜屋浩先生が行った調査報告は、認知症の人たちとの関係のあり方が、その症状に肯定的な変化をもたらす可能性を示唆しています。

『真喜屋先生は村の65歳以上の老人708名(男268名、女440名)全員について精神科的評価を行ったのですが、明らかに「老人性痴呆」と診断できる人が27名(全体の4%)で東京都の有病率と変わりません。しかし全症例を通じて、うつ状態や妄想・幻覚・夜間譫妄症状を示した人はなかったのです。これは当時の東京都の調査結果と比べると信じがたい知見です。東京では「痴呆老人」の2割が夜間譫妄を現し、半数に周辺症状がありました。また、沖縄ではうつ状態がまったく認められなかったが、アメリカでは痴呆の4分の1から半分にうつがあると報告されています。周辺症状のない穏やかな痴呆状態(学術用語では単純痴呆と呼ばれますが、私は純粋痴呆と呼んでいます)をもたらした要因はなんでしょうか。真喜屋先生は、このように考察しています。「佐敷村のような敬老思想が強く保存され、実際に老人があたたかく看護され尊敬されている土地では、老人に精神的葛藤がなく、たとえ器質的な変化が脳に起こっても、この人たちにうつ状態や幻覚妄想状態は惹起されることなく、単純な痴呆だけにとどまると考えられるのである」これらの事例から推察されるのは、「痴呆」は被害妄想、夜間譫妄、幻覚、攻撃的人格変化といった周辺症状が現れない限り、「純粋痴呆」として平和的共存が可能であり、その現象は地域全体で実現できる可能性がある、ということです。』(引用:大井玄「痴呆老人は何を見ているか」新潮社)

 現在、認知症予防に関してはエビデンスが少なく確立のための研究が実施されているところです。そのような中で、食生活の管理やウォーキングなどの有酸素運動、知的・社交的活動などが認知症予防に有効ではないかということで推し進められています。しかし、高齢者が介護を必要としない状態を保つ工夫をすること、またいったん要介護状態になってもそこから更に悪化させないことが予防の目的であるならば、高齢者自身が意欲的に予防に取り組み、「認知症と闘う」だけではなく、「認知症と共生する」というスタンスも必要になってくるのではないでしょうか。

 認知症は誰にでも起こってくる可能性を持っています。老いに対する敬意、ゆったりとした時間の共有、認知症の人たちの認知機能を試したりするのではなく情動的なコミュニケーションや楽しめる活動に従事できる、そんな力をもった地域や環境があれば、認知症の人たちは「老いの過程にある正常な人間」として人生の終末までたどり着けるのかもしれません。

Dvc00144

« 宮崎本物温泉No.15「加江田荘」 | トップページ | ランチに本格京懐石を・・・ »

認知症のケアとリハ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに開いた。いい写真だ。以上。

まんぼーさん、シンプルなコメントありがとうございます!『竹フェチ』のマンボーさんに、気に入って頂き光栄です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/10428986

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症の予防:

« 宮崎本物温泉No.15「加江田荘」 | トップページ | ランチに本格京懐石を・・・ »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック