« 金魚がバスクリンに・・・!? | トップページ | 金魚に感じる原感覚 »

2008年2月 2日 (土曜日)

宮崎のおすすめUDON

 映画「UDON(ユースケ・サンタマリア、小西真奈美.主演)」を観て、「うどんが食べた~い!」と思った人がいるかもしれません。「ぶっかけうどん」は宮崎では、あまり一般的な食べ方ではないので、映画の中に出てきたように、湯がいた麺に生卵を落とし、醤油でシンプルに頂く「ぶっかけうどん」を一度食してみたいなぁと思っていました。

 そんな思いを叶えてくれるお店がありました。しかも、結構身近にあったんですね。お店の名前は「小田製麺所(0982-54-2819)」と言います。お店といっても元々は製麺所で、現在もうどん以外にラーメンやギョウザの皮などを製造しています。

Dvc00133

Dvc00138

 店内を覗くと御覧の通り、10人も入れば満席という狭さ。しかも、我が家の食卓で食事しているような錯覚に陥りそうなくらいアットホームな雰囲気です。しかし、お客さんがひっきりなしに訪れていました。

Dvc00136

 メニューも実にシンプル。「ぶっかけうどん」以外には、「特性うどん(350円)」「釜玉うどん(250円)」「カレーうどん(400円)」「かけうどん(200円)」のみ。まずは、「特性うどん」を注文してみました。

Dvc00134

 濃厚なつゆの上に、シコシコと腰のある麺。それに、納豆、卵、ねぎ、天かすが乗っています。これを、グチャグチャにかきまわして一気に頂く・・・そこそこボリュームがあったにもかかわらず、おかわりしてしまいました。

Dvc00137

 さてお次はカレーうどんです。息子は「美味しい~」と言いながら食べていましたが、結構スパイシーな感じでした。辛いのが苦手という子供さんには、ちょっと不評かも・・・。

Dvc00135

 こちらは「釜玉うどん」です。醤油をかけ、よく混ぜ合わせて食べます。特性うどんに比べると、食べ飽きない感じで何杯でもいけそうです。

 結局、家族5人で、特性うどん(3杯)、釜玉うどん(2杯)、かけうどん(1杯)、ぶっかけうどん(1杯)、カレーうどん(1杯)、おにぎり(5個)をたいらげて2700円。ところが、小学生は割引が効くとのことで、500円も割り引いてもらいました。うどんってついつい食べ過ぎてしまうんですよね。さすがにお店の人も「よく食べますね~」と唖然とした表情でした。

小田製麺所:0982-54-2819 定休日(日曜) 営業時間(6時~8時、12時~14時)

UDON プレミアム・エディション DVD UDON プレミアム・エディション

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 金魚がバスクリンに・・・!? | トップページ | 金魚に感じる原感覚 »

宮崎B級グルメ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/10209956

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎のおすすめUDON:

« 金魚がバスクリンに・・・!? | トップページ | 金魚に感じる原感覚 »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック