« ランチュウの背中が・・・ | トップページ | 金魚に異常なし! »

2008年4月29日 (火曜日)

宮崎本物温泉No.20【だ~れもいない無人の温泉 亀の湯温泉】

Kam1 京町温泉から北へ3㎞ほどの所にある「亀の湯温泉」に立ち寄ってみました!

えびの周辺では最も歴史のある温泉で、鄙びた雰囲気が漂っています。以前は、道向かいに湯治宿があったのですが、今もやっているのかな・・・・・?定かではありません。

Kam2

入り口を覗くと番台らしきものがありますが、だ~れもいません。その代わりに「入浴料金はこの中に入れてください」と書かれた箱が、ポツンと置かれていました。10年以上前の話ですが、以前訪れた時は番台に愛想の良いお婆ちゃんが座ってらっしゃたのですが、噂では亡くなられたとのこと・・・。

Kam3

浴室を覗いてみると、ここもまただ~れもいません。御覧の通り、こじんまりとした浴槽が二つに仕切られています。手前の方が熱めのお湯で、奥の小さい方が座位浴用で浅く、お湯はやや温めになっています。

Kam4

浴槽内のお湯は茶褐色ですが、湯口から出るお湯は無色透明で、口に含むと炭酸と鉄味が口中に広がります。

Kam10

源泉は2本あり、建物の下から自噴しているのだそうです。源泉温度が43度で、冬場だけは加温しています。ちょっと気になったのですが、写真に写っている掛け湯用浴槽には御覧の通り何も入っていません。2本の源泉ひとつが、この浴槽に直接パイプで運ばれてきていると、昔、常連さんに教えてもらったのことがあるのですが・・・お湯が途絶えたのかな?

Kam9

浴室内には、石鹸やシャンプー類は置いてないので持参した方が良さそうです。

Kam7

浴室内の壁面には、随分コケが成長していました。スゴイcoldsweats02

Kam5

【亀の湯温泉】住所:えびの市昌明寺672 営業:8時~17時(無休) 料金:大人300円小学生130円幼児60円 電話:0984-37-1446

« ランチュウの背中が・・・ | トップページ | 金魚に異常なし! »

宮崎の本物温泉の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/20652274

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎本物温泉No.20【だ~れもいない無人の温泉 亀の湯温泉】:

« ランチュウの背中が・・・ | トップページ | 金魚に異常なし! »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック