« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の投稿

2008年5月31日 (土曜日)

家族が一匹増えました!

 遂にやってきました。なにが?・・・そう、家族みんなが待ち望んでいたワンちゃんです。

 とっても人懐っこくて、かわいらしい子犬です。でも、予想以上にでかい!3月8日に生まれたので、まもなく3ヶ月になりますが7~8㎏はありそうな感じです。

 いろいろ悩んだのですが、一目見た瞬間に『小次郎』という名前に決めました。

 日南からの長旅のせいで、車酔いしたのでしょう、家に連れ帰るまでに一度もどしてしまいました。車の中では、助手席で時々窓の外を眺めながら寝たり起きたりを繰り返していました。チョッピリお疲れ気味の様子・・・。

Won1

 我が家にたどり着くと、子供達が大興奮sign03まるで、自分達に兄弟でもできたかのようです。

 動物が苦手な息子も恐る恐る抱っこすると「すごくあったか~い」とひどく感動していた。

 長女は中学生になるまで、自分の手で生き物を育てたという経験が全くありません。犬を飼ったから、何かが変わるというものではないと思いますが、きっと素晴らしい経験になると思います。

Won2

2008年5月27日 (火曜日)

犬の名前が決らない・・・

 突然ですが、犬を飼うことになりました。

 上さんを説得するのに相当苦労しましたが、子供達の応援もあり、なんとか犬を飼える事になりました。予定では、今週の土曜日に我が家にやってきます。

 雑種ですが、ラブラドール・レトリバーのクォーターです。でも、名前がまだ決りません。

 妻は、「ジョニー」と付けたいそうです。どうやら大ファンのジョニー・デップからとったらしい。でも個人的には、なんとか避けたい・・・。

 それじゃ、どんな名前にしようか?と考えたのですが、なかなか良い名前が思いつかない・・・。今の所、第一候補が「デ・ニーロ」、第二候補が「チャーリー」、第三候補が「バンナ」、どうでしょう?でも、なんで外国人のような名前ばかりなのでしょうか・・・・。

Dvc00065

2008年5月26日 (月曜日)

金魚もメダカも良い感じ・・・

Kon2 出窓に置かれた水槽に、穏やかな朝の日差しが差し込んでいます。

尾腐れ病に罹っていた、ランチュウ&地金もすっかり完治。御覧の通り、水槽内を元気に泳ぎ回っています。

Kon1

Kon4

最近では、水温が20~25℃を記録し、次第に食欲旺盛になってきました。徐々に餌の量を増やして行きたいと思います。今年は、どのくらい成長してくれるのか?楽しみですね・・・。

メダカの方も順調に成長し、現在32匹に増えました。一日おきに細かくすりつぶした餌を与えています。早く孵化したものは5m程の大きさになっていますが、写真に撮るとやっぱり分かりにくいですね。

Kon5

2008年5月25日 (日曜日)

◆事例を通して認知症ケアを学ぼう!

 2008年6月に「認知症ケア事例ジャーナル」が創刊されました。

 「認知症ケアの質的向上を図るため科学的・倫理的に検討し、その根拠を明確にすることの必要性は、認知症のあらゆる現場において唱えられています。正確かつ明確な事例を記述することが理にかなったケアを証拠立てる資料となり、さらに事例を蓄積することがケアの理念の達成への道程となります。事例を振り返ることにより、実際に行っているケアの知識や技術が正しいのか、また、何がケアの質を決めているのかの冷静な判断力の育成を図るとともに、知識や技術を現実のケアに活用する際の手がかりを得るために役立ててもらうことを目的として刊行するものです。」(HPより引用)

 また、日本認知症ケア学会のHPには、Netカンファレンスが設けてあります。毎月、事例を提示して様々な視点、立場からの意見、取り組みを知ることができ、地域・年代・職種に関係なくどなたでも参加できます。ひとり職場の人やケアの研修会などは参加が難しいという方など、認知症ケアを学ぶ良い機会になるのではないでしょうか。http://www.yume-net.ne.jp/dome/chihocare/index.htm日本認知症ケア学会

Dvc00228

Forget me not♪

Wasure2 小さな朝の光は

疲れて眠る愛にこぼれて

流された時の多さに 

うなずくように 寄り添うふたり

窓をたたく風に目覚めて 君に頬を寄せてみた

幸せかい 昨晩のぬくもりに

そっと囁いて 強く君を抱きしめた

初めて君と出会った日 僕はビルの向こうの

空をいつまでも さがしていた

君が教えてくれた 花の名前は

街に埋もれそうな 小さな勿忘草

【Forget me not】 尾崎 豊notes

 仕事帰りに、レンタルショップで尾崎豊の新作CDを見つけたので早速借りてみました。ファンのリクエストによって選曲された尾崎のLove song Best・・・・最高ですねgood

 缶ビール片手に感傷に耽っているといると、妻が「尾崎はいいよね~」と言いながら近くによって来ました。そうsign03二人とも尾崎の大ファンなんです・・・二人の唯一の共通する趣味とでも言いましょうか・・・。

 鹿児島の脇田電停の近くにあるコスモタウンで初デートの待ち合わせ・・・そのあと、ふたりで映画館に・・・何の映画をみたんだっけ?・・・そんな二人の若き日の思い出が、尾崎の曲とともに走馬灯のように蘇ってきます。

 妻は、どんな思い出を回想しているのかな?と思っていたら「高校の時に付き合ってたT君を思い出すわ・・・なんであんたと結婚したんだろうね」と言いながら首を傾げていた。趣味は共通でも、思いはすれ違っていました。sad

Dvc00061

2008年5月21日 (水曜日)

レトロな雰囲気で認知症の勉強会!

毎月、九州保健福祉大学で認知症の勉強会が行われています。

片道40分掛けての参加なので、行き帰りがチョッピリ面倒なのですが、主催者の小川敬之先生の講義が聴けたり、勉強になる情報をたくさん頂けるので楽しみに参加させてもらっています。

それに、参加者も作業療法士ばかりでなく、様々な職種の方が参加されているので異質な視点や考えを知る機会にもなっています。どうしようもなく凝り固まった専門職の頭をフレキシブルにしてくれる貴重な機会でもあるのです。

ところで、今回は大学を飛び出して、延岡市天神小路にある内藤記念館で勉強会を行いました。内藤記念館は延岡城の城主御殿の跡地にあり、延岡藩主だった内藤家から寄贈された文化財のほかに、郷土の考古資料や民俗資料が展示してあります。

Ben1

敷地内には、このような茅葺屋根の建物があります。今回はこの中で勉強会を行いました。

Ben2

建物の周りには、御覧のような昔懐かしい農機具や生活用品が展示してあります。1500円でこの建物を利用することができるそうなので、認知症のお年寄りと訪れて回想法を楽しむこともできそうです。地域の民俗資料館などには、このような空間が残されていることが多いようなので、身近な場所で楽しめるかもしれませんよ。外出が難しい方の場合には写真を撮って、一緒に観ながら思い出話を楽しむこともできると思います。

Ben3

2008年5月18日 (日曜日)

22匹も孵化!ところが金魚たちは・・・

Mmedaka4 おととい、白メダカの稚魚が6匹孵化していましたが、今日あらためて水槽を覗いてみると、な~んとsign0322匹なっていましたhappy02

ホテイ草には、まだ卵がたくさん付着しています。これからもさらに稚魚が増えそうなのでとっても楽しみです。

Madaka3

Medaka6

金魚たちといえば、地金とランチュウは昨日から尾腐れ病に罹り、現在治療中ですhospital

Medaka5

元気なのはこちらのシシガシラ軍団。本当に病気知らずの2匹です。とくに更紗タイプの方は、昨年の9月に我が家にやってきて以来、一度も病気に罹ったことがありません。地金たちも、これくらい逞しいと良いのになぁ~。

2008年5月16日 (金曜日)

白メダカの稚魚が孵化したよ~!

 先週末、ヤマメの豆吉くんが亡くなってしまいました。すっかり落ちこんでいたところ、近所のメダカ好きのおじさんが「元気を出しなさい」と白メダカの卵をくれました。

 ホテイ草についた卵を一昨日水槽に入れ、今日何気なく水槽を覗いてみると6匹の白メダカが孵化していました。

 1㎜程の大きさなので、目を凝らしてみないと気付かないほどです。でも、僅か2日で孵化してしまうなんて驚きです。夕方、帰宅すると近所のおじさんがやってきて、「メダカが孵化したね」と言いながら勝手に我が家の水槽に餌を与えていました・・・・・。

 いろいろと気を使ってくれるのは嬉しいのですが、おかげで水槽には餌の食べ残しがいっぱい。水質が悪化してしまうじゃないか~!まったくpout

Medaka1

2008年5月10日 (土曜日)

年を取ったという自覚

 人生とは生きられた時間なのであって、その中には様々な思いが込められ、意味が含まれている。

 幼い頃を振り返り行く手に待つ死を見詰める時、流れ行く歳月は暦や時計の上を通過する単なる時間ではなく、人が生きることの輪郭を描き出します。言い換えれば、人生とは切り取った時間に意味を与えることに他ならず、年を取ったという自覚はそこに向けての第一歩であるに違いない。

 したがって、自分は年を取ったとの認識なしに生き続けるとしたら、それは自らの人生を単なる時間の流れへと解消してしまうことになるでしょう。

Dvc00063

引用:老いるということ (講談社現代新書)

著者:黒井 千次

老いるということ (講談社現代新書)

2008年5月 6日 (火曜日)

宮崎本物温泉No.21【すっかり様変わりしていた?清武温泉】

K16 清武町にある「クアフォーレ清武温泉」ですが、今回、宮崎の本物温泉として紹介すべきか否か、かなり悩みました。

というのも、本物温泉として紹介するにあたって「薄めず、沸かさず、循環せず、おまけに塩素も使用しない」温泉を本物温泉として取り上げてきました。とくに、循環式の温泉は、本物温泉とは認めてくない、というのが私なりの拘りでもありました。その点で、この清武温泉を紹介するか否か悩んだのですが・・・。

K15

以前から、清武温泉の泉質の良さには定評があり、「清武温泉の泉質は重曹泉で、数ある温泉の中でも療養泉に該当すると宮崎県衛生環境研究所の試験成績を受けた温泉治療、温泉療養に適した心と身体の癒しの温泉です」との掲示もされていた。

K10

K11

K12

大き目の浴槽(一番上の写真)、ぬるめの浴槽(中)、水風呂(一番下)と3種類の浴槽があります。こちらの温泉は源泉温度が19℃なので加温されています。結構ツルツル感のあるお湯でした。鼻に近づけてみると僅かに塩素臭がしました。それじゃ、水風呂はそのままの源泉なのかなぁ~と思って浸かってみましたが、まったくツルツル感はありません。お店の人の話では水風呂は地下水をくみ上げたものなんだそうです。

K9

K8

露天風呂に入ろうと外に出てみると「なっなんと!」お湯は空っぽ・・・。おまけに、サウナは御覧の通り物置状態になっていました。

K7

浴室内に掲示してある成分表の横には「入浴に適した温度を保つために、熱交換器で加温しています。熱交換をさせるための循環をしています」と書かれていました。

通常の循環式のお風呂とどう違うのかお店の人に尋ねた所、一旦タンクに貯めたお湯を常時、湯船に注いでいるので掛け流しの状態になっていますが、浴槽内の湯温が冷めてしまうので、再びタンクに戻し加温して浴槽に戻しているとのこと。濾過装置などは一切使用してはいません・・・と説明していただいたのだが、いまいちよく理解できなかった。

K3

以前は、こちらで飲泉ができたのですが、蛇口そのものがなくなっていました。こちらの温泉は、3つの源泉からお湯を運んできていたそうですが、現在は1つの源泉しか使用していないとのこと(理由はよくわかりません)。今回、5年ぶりに清武温泉を訪れたのですが、あまりの変わりように、少し寂しくなりました・・・・・・・。

K1

【クアフォーレ清武温泉】泉質:ナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉 住所:清武町大字今泉三月田 営業:立ち寄り入浴17:00~22:00 料金:大人600円、子供300円 電話:0985-84-1635

金魚に異常なし!

Dvc00109

金魚たちと3日振りに再会です。しばらく家を空けると「病気に罹っていないかな~?」と本人達を目にするまで気が気でなりません。

どうやら今回は、何れの金魚も異常はなかったようですhappy01

昨日、田野町にある金魚専門店を訪れました。上の写真に写っている地金を購入したお店です。店内を散策していると、土佐錦の稚魚を発見!お店の人の話しでは、秋ぐらいには3~4cm程の大きさになっているでしょうとのこと。

実は、地金たちの飼育も軌道に乗ってきたので、次はより難易度の高い土佐錦にチャレンジしようと考えている最中でした。

土佐錦は優美な尾びれを作り出すために、丸鉢でろ過器などは一切使用せずに水の管理を行うのだそうです。だから、綺麗な水を保つためには頻回な水換えが必要になってきます。しかし、お店の人は「飼育が難しいって言うけど、とっても生命力のある種類なんですよ。冬場は氷が張ったりしても、その下で元気に生きてるし・・・あんまり手を掛けすぎるから駄目になるんじゃないでしょうかね」と言われていました。秋には土佐錦が上手に飼えるように、少し勉強しなくっちゃ!

Dvc00108

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック