« 頂天がんよ・・・いらっしゃ~い! | トップページ | 小次郎、行方不明になる・・・・ »

2009年1月28日 (水曜日)

◆世界の異なる感触

 私たちは普段、目の前に広がっている世界を「それ自体として」確かに実在しているものと思い込んでいる。

 意識の外にあるものを見たり、聞いたり、触ったり・・・・そのような様々な感覚を通して得られた情報が、脳で処理されて、私たちの意識に浮かび上がってくる。そして「確かに○○だ!」という確信に至ると信じている。だから、意識の外に「客観的世界」があることを微塵も疑わない。

 ところが一方で、世界とは、「私にとって」意味と価値を備えたものとして、現れてくるもののことである、とも信じている。

 たとえば、出窓に置かれた金魚たちは、私にとって心癒してくれる可愛らしいペットである。また、本棚に並べられた数々の専門書は、仕事に関わる知識や技術を学ぶための大切な道具でもある・・・・。このように、「可愛らしいペット」「大切な本」と意味を付与された様々なものや事柄によって、私たちは独自の世界を作り出していく。それは、もしかしたら自分の死とともに消えてしまう世界でもあり、そんな意味の世界、つまり「主観的な世界」の中を私たちは生きているのである。

 この二つの世界はともに私たちの生の中にあって、共にそれなりのリアリティを持っている。しかし、決して矛盾したりすることなく、何らかの仕方で繋がっているのである。

P1000707

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へブログランキング参加中!ワンクリックお願いします。

« 頂天がんよ・・・いらっしゃ~い! | トップページ | 小次郎、行方不明になる・・・・ »

人生・哲学」カテゴリの記事

コメント

「哲学(?)」マッタク明るくない私ですが・・・・
ズレていること駄文を承知でコメントしたくなりました(^^ゞ
失礼します。一笑してくだされば嬉しいです。

この記事を読ませて頂いて…
【過去の命を受け継いでいまここに自分の番を生きている】(相田みつをさんの抜粋だったかな?)
が浮かんできました。

「自分独自(各個)の世界」と「他のあらゆるモノ(人も含め)とも共有している世界」そして…「早かれ遅かれ自分の死とともに自分(の前)から消えるであろうこの世界」
ゆえに・・・
「どのように今を自分が生きていくか!!」
普段は忘れていること…思い出しました。

ありがとうございました。

>ぎょぴきんぎょさん
「哲学?まったく明るくない私・・・」
 いえいえ、そんなことはありませんよ、しっかり哲学してるじゃないですか!
「どのように今を自分が生きていくか!」という言葉に思わず、「存在と時間」で有名なハイデガーを思い起こしました。

 壊れた携帯電話なら別のものと取替え可能ですが、人間の場合、そうはいきません。

 私たちが自分の死としっかりと向き合い、自己存在の掛け替えのなさを自覚するとき、私たちは自分の固有性に気付くができる・・・・と、ハイデガーは説きました。

 20代の頃は、「死」なんて真剣に考えたことなんてほとんどなかったな~。でも、年齢を重ねるごとに体力の衰えや「死」というものが、意識に浮かび上がってくるようになってきました。
「死」に対する構えは人それぞれでしょうが、そこでニヒリズムに陥るのではなく掛け替えのないものとして、その存在を受け入れられた時、人間らしく充実した今を生きるパワーのようなものが生まれてくるのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/27462059

この記事へのトラックバック一覧です: ◆世界の異なる感触:

» ボケ防止グッズ グッズ通販 [ボケ防止グッズのことなら]
ボケ防止グッズ:ボケ防止という観点からすれば、ボケ防止グッズの脳トレーニングをしたり、ボケ防止グッズを使って軽い運動をして筋肉を働かせるだけでも血行が良くなりボケ防止に役立ちます。歩くという行為は、筋肉と脳のはたらきをフルに活用するという意味で、非常に効果的です。歩くということは最高に知的な活動なのです。ボケ防止のためにに歩きましょう。ボケ防止をめぐっては様々な生活習慣が提案されています、しかし実際の効果については大半が科学的に証明されていないのが事実です。ボケの現象だけをとら...... [続きを読む]

« 頂天がんよ・・・いらっしゃ~い! | トップページ | 小次郎、行方不明になる・・・・ »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック