« 万歳!毛が生えた~! | トップページ | 頂天がんよ・・・いらっしゃ~い! »

2009年1月22日 (木曜日)

ど~こかで~♪だ~れかが~♪

 「ど~こかで~noteだ~れかが~noteきっと待って~いてくれる~note

 「木枯らし紋次郎 上州新田郡の貧しい農家に生まれたと言う・・・十歳のときに故郷を捨て、その後一家は離散したと伝えられる。天涯孤独な紋次郎が、なぜ無宿渡世の世界に入ったのかは定かではない・・・・・(完)」

 オープニング曲notesの上條恒彦の歌声(曲名「誰かが風の中で」)、そしてしんみりと落ち着いたconfident芥川隆行のナレーションでエンディングendを迎える。他人との関わりを避け、己の腕一本で生き抜こうとする紋次郎。それを演じる中村敦夫の渋い演技が見事にマッチして空前の大人気番組tvとなった時代劇「木枯らし紋次郎」

 この文章を書きながらも上條恒彦の歌声とオープニングの映像が鮮明に浮かんできて、否が応でもテンションが上昇してしまいそうになる。実は、つい先日まで「誰かが風の中で」を携帯mobilephoneの着信音にしていたくらいだから、どれほどの紋次郎ファンであるかお分かりいただけるであろう・・・・。カミさんには「ダッサ~イgawk」と馬鹿にされたが、自分の「内なる美意識との共鳴」ですから、しょうがないですよねmocyakurikoさんcoldsweats01

 ところで、紋次郎といえばボロボロの三度笠に薄汚れた道中合羽。そして長~い「楊枝」が彼のシンボルマークだが、驚いたことに・・・・我が家の金魚に紋次郎の魂が憑依したのか?長楊枝を銜えながら泳いでいるではありませんかsign03

 その画像が・・・・・「これだー!」・・・・ワン・ツー・スリー(ザ・ベストハウス風に)

P1000686

P1000683

 お分かりいただけただろうか?(呪いのビデオのナレーション風に)coldsweats02

 実は、これは長楊枝ではなく、水面に浮かんだ浮き草の根っこを地金が食している画像である・・・・sweat02

 4~5㎝はあったので詰まらせるのではないかと心配になり、口から引き出そうと格闘したのだが、奪われては大変と慌てて飲み込んでしまった様子。僕の心配をよそに、当の地金は「あっしには関わりがねぇこって・・・」と言いながら立ち去っていきました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへブログランキング参加中です。左のバナーをワンクリックお願いします。

« 万歳!毛が生えた~! | トップページ | 頂天がんよ・・・いらっしゃ~い! »

金魚のこと」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
地金の貴重な写真が撮れましたね。
ウチの南京どもは、餌をピラニアの様に突く写真しか撮れません。しかも、普通の時にカメラ向けると、とっさにフレームアウトし、ろくな写真取れっこない。
私は時代劇だと必殺仕事人シリーズが好きですね。あの殺しのテーマがかかるとテンション上がります。現在放送しているのはニューバージョンであり、私も嫌いではないのですが、やはり昔のシリーズに比べると見劣りしてしまいます。組み紐の竜(京本正樹)、花屋の政(村上弘明)、念仏の鉄(山崎努)、三味線屋の勇次(中条きよし)、飾り職人の秀(三田村邦彦)、そしてお馴染み中村主水(藤田まこと)。殺しのテーマから始まり、主水のテーマに変わって終了する。この一連の流れがたまらなく好きでした。
youtubeでたまに見ていますが、やっぱりたまりませんね。しびれる~!
男って何か一つそういう物を持っているんだな~と思いました。

いきなりこっちに振らないように(笑)!

そんなディープな世界の話題に、
気の利いたコメントを返せるほど、
その世界に造詣は無いゆえ(笑)。

じゅん吉さんと生卵さんと、
一緒に飲みたいな~。

仕事などで、
お二人がたまたま同じ日に東京に来るような
奇跡が起きないかなぁ~。
(自己中な妄想)

私は若干ミーハーですが、
やはり『鬼平犯科帳』がフェイバリットな時代劇。

じゅん吉さんは、哲学と金魚飼育以外にも、
まだ何か趣味ありますか?

>生卵さん
必殺仕事人シリーズは良いですね。
個人的には、中条きよしが演じていた三味線屋の勇次が大好きでした。
三味線の玄で相手を締め上げた後、「ピーン」と弦を鳴らして止めをさす。う~ん痺れますね・・・。

>mocyakurikoさん
お~「鬼平」ですか、これまた痺れますね~。
ちなみに、「鬼平」は火付け盗賊改方VS盗賊の前者を主役にしたものですが、後者の盗賊を主役にした「雲霧仁左衛門(主演:山崎努)」もとっても面白いですよ。
こんな話しや金魚談義に花を咲かせながら、飲み明かしたいものですね・・・きっと美味しいお酒が飲めるだろうなぁ。
ところで趣味の話しですが、哲学と金魚以外では焼酎と日本酒のコレクションなんかやっています。ちなみに、日本酒は山忠本家酒造(愛知県)の「義侠」が一番のお気に入りです。

おはようございます♪

あはは~~(^▽^)♪
朝から幸せ気分(^_-)-☆
じゅん吉さんの地金、枝&イイ味だしてる~ヽ(^o^)丿拍手!!

パチンコのおかげで「必殺仕事人」好きになりました(邪道・爆)
時代劇「遠山の金さん」「大岡越前」なんかがちょっぴり覚えてます(^^ゞ

日本酒「義侠」…名前に惚れました!!探してみよう♪
普段は土佐鶴・影虎…たまに呉春飲んでます。

>ぎょぴきんぎょさん
土佐鶴・影虎に呉春ですか・・・上手そうなお酒を飲んでますね・・・羨ましい。
ところで「義侠」についてなんですが、このお酒の特徴は、兵庫県東条町産の最高級の山田錦を使って芳醇なお酒を醸す事。そして、それをワインのように低温熟成させています。しっとりと口に入り、熟成の妙の分だけタイムラグがあって口中に、そして鼻腔に広がります。喉に流し込んでも、いつもワンテンポ置いて余韻がジワ~と伝わってきます。樽など一切使っていないのに杉のような香りも含んでいます。
酒商「マルタカ」http://www.usiwakamaru.or.jp/~marutakaさんに問い合わせたら年代物の美味しい「義侠」が手に入るかも・・・。

「義侠」詳しく教えて下さってありがとうございます(*^_^*)

しか~し!!超高級なお酒だったんですね\(◎o◎)/!
目玉が飛び出してしまった!!
ついでに上にあがって頂点眼状態…(*o☆)\バキッ!!(笑)

生きているうちに年代物の「義侠」呑めたらいいなぁ~(^▽^)♪

>ぎょぴきんぎょさん
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
頂点がん状態になっちゃいましたか?
でも、きっとお値段に見合った納得のいく味が堪能できると思いますよ・・・・。
いつの日か、ご賞味あれ・・・(σ・∀・)σゲッツ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/27379695

この記事へのトラックバック一覧です: ど~こかで~♪だ~れかが~♪:

« 万歳!毛が生えた~! | トップページ | 頂天がんよ・・・いらっしゃ~い! »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック