« 小次郎・・・弁当を買いに行くの巻き! | トップページ | 頂天がん&獅子頭・・・復活! »

2009年2月17日 (火曜日)

人間作業モデル講習会

 2月14,15日、熊本保健科学大学で「人間作業モデル講習会<理論と評価編>」が行われた。MOHO関連の研修会は約7年振り。2007年に第3版が出版されたものの自分の中では未だバージョンアップされないままでいたので、今回の研修会は待ちわびた宿願でもあった。

 講習会の内容は、①事例を通してのMOHO(第3版)の紹介②MOHO(第3版)の理論的変化③MOHO(第3版)の評価法概説④作業機能障害の説明⑤事例、の順に進められた。

 理論的変化としては、行為の3つのレベル(作業参加、作業遂行、作業技能)、作業適応に関わる作業同一性と作業有能性、遂行能力の主観的な側面に焦点を当てることなどの新たな概念が加えられていた。印象としては、かなりICFを意識した形に変化した感じであった。また、クライエントの作業機能障害を捉えるための疑問の立て方、またそれらを明らかにするためにどのような手段や方法を用いて情報を収集するのか、その辺りが非常に具体的になっていて、臨床でも扱いやすい感じを受けた。

 新人の頃、「OTとPTの違いって何だ?」「作業ってどう捉えればいいのかな?」「目の前の認知症の人たちに自分は何ができるのか?」そんなモヤモヤとした悩みを抱えながら過ごしていた。そんな時、偶然、書店で手にした人間作業モデル(第1版)の本に「自分の捜し求めていた答えがこの中にある!」そう直観し、それから時間を惜しんで耽読し続けたのを思い出す。今では、評価や介入を行う上で欠かせない重要な知識の基盤をなしている。

 今回の講習会で学んだことを十分に消化するためには、しばらく時間がかかりそうだが、認知症の人たちが抱える作業機能障害の問題を僅かでも解決に導けるよう取り組んで行きたいと思う。

P1000851 

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ左のバナーをワンクリックして頂くとランキングアップに繋がります。御協力よろしくお願い致します。
にほんブログ村

« 小次郎・・・弁当を買いに行くの巻き! | トップページ | 頂天がん&獅子頭・・・復活! »

認知症のケアとリハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/28139361

この記事へのトラックバック一覧です: 人間作業モデル講習会:

« 小次郎・・・弁当を買いに行くの巻き! | トップページ | 頂天がん&獅子頭・・・復活! »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック