« 僕もバカになれるだろうか? | トップページ | 小次郎・・・弁当を買いに行くの巻き! »

2009年2月 7日 (土曜日)

石巻貝、大活躍!

 寒が終わって立春になることを「寒明け」というそうです。朝晩はまだまだ冷え込みが厳しいようですが、日中は随分春めいた気候になってきました。おかげで、水槽のなかの苔も勢いよく繁殖しはじめています。

 そうなると、それを食する石巻貝たちが活動開始!増え続ける苔とそれを処理する石巻貝の鼬ゴッコ。これも水槽内の生態系を維持するために大切な一役を担っているのです。「頑張れ!石巻貝!」

P1000806

 1週間前に水槽デビューした、頂点がんも随分慣れてきた様子でリラックスした感じで元気に泳いでいます。アナカリスの根元が一番落ち着く場所のようです。このような隠れ家的な場所があると金魚も安心するのかな?時々、リラックスしすぎて、下の写真のような、とってもユニークな表情をみせてくれます。

P1000812

P1000809

 土佐錦も皆さん元気一杯!写真では分かりにくいのですが、一番大きな土佐錦の尾鰭辺りが、褪色しはじめ赤く色づき始めてきました。どんな色合いに変化するのか?楽しみですね。

P1000822

 ところが、地金は・・・ひとりぼっちで、チョッピリ寂しそう。元気は元気なんですけどね・・・・。はやく仲間が欲しいよ~!って(僕が)思っています。

P1000737

P1000789

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ左のバナーをワンクリックして頂くとランキングアップに繋がります。よろしければ、御協力お願い致します。
にほんブログ村

« 僕もバカになれるだろうか? | トップページ | 小次郎・・・弁当を買いに行くの巻き! »

金魚のこと」カテゴリの記事

コメント

金魚一家のみなさん元気そうですね。
なんだかんだ言ってもやっぱり金魚は元気で泳いでくれているのが一番!
健康第一ですね。(人間も)

>生卵さん
昨年末から、パタパタと金魚たちが★になってしまいましたからね・・・・元気に泳ぐ金魚たちを見ていると、ようやく我が家にも穏やかな日々が戻ってきた~って感じです。

こんばんは。ご無沙汰してしまいすみません。

地金と土佐金をきちんと管理できているだけで、
本当に敬服に値します。

土佐金の色変わり、画像からもはっきり分かります。
ワクワクですね。

ここに来なかった間の記事を一通り拝見しましたが、
じゅん吉さんのブログは本当に話題が豊富ですね。

「主観的な世界」の記述、
哲学に興味を持ち始めた18歳頃を思い出しました。
(哲学科の受験はすべて落ちた為、法学部出身ですが)

今生きているこの世界が夢じゃない証拠。
自分の知覚のすべてが人工的に作られた電子信号ではない証拠。

こういう素朴な疑問から、
ハイデガーや、ヴィトゲンシュタインの
関連本を読み漁ったあの頃。

「今日こそは世界の秘密が分かるかも」
とワクワクしていたあの頃を。

すばらしい記事を、ありがとうございました。

>mocyakurikoさん
mocyakurikoさんのコメントにはいつも元気をもらっています。ありがとうございます。

ところでmocyakurikoさんは、18歳頃から哲学に興味を持たれたんですね・・・凄いな~。私の場合は、認知症のひとと関わるようになって哲学の世界に興味を持つようになっていきました。

今でも鮮明に記憶に残っているんですが、就職して間もない頃、ある認知症の方が、廊下に座り込んで何かを食べていたんですね。「何を食べているんですか?」と声をかけたところ、その方は「唐芋(さつまいも)よ」というのですが、実はそうではなくオムツの中に排泄されたウンチだったんですね。はじめて見た、その認知症の人の姿は私にとっては非常に衝撃的でした。

認知機能の障害があるためにウンチも唐芋も区別が付かなくなっているんだ!そのときはそう思ったんですが、でもどうしても府に落ちない疑問が私の中に残ったんですよ。

それが「どうしてウンチが唐芋になってしまうのだろう?認知症の人はどんな世界の中を生きているのだろう?」という疑問です。そして、その答えを求めてたどり着いたのが・・・・フッサールの現象学でした。

現象学は難解で理解するのに苦労していますが、認知症の理解を深めるためにはとても大切な視点になると感じています。未だ明確な答えには繋がっていませんが、そこには「大切な何かがある!」と胸をワクワクさせながら取り組んでいるところです。

 


他人様のブログに稚拙な持論を
何度も投稿する無礼は承知しつつ、
ヘビーな内容の返信を頂いたので、もう一度だけ。

フッサールの理論は、
彼の著作から理解しようとしても、少なくとも私は無理です(汗)。
そんな才能があれば今頃サラリーマンはやっていません(笑)。

ごく荒っぽい言い方をすれば、
現象学は、対査(たいさ。「比較」とか「照合」に近いけどちょっと違う)可能な
自己の経験を有する人だけが、
より「理解」に近い状態に到達できるのだと思います。

じゅん吉さんの目の前で展開されたその衝撃がきっかけで、
現象学という森に誘い込まれたのであれば、
うまく言えませんが、じゅん吉さんは真の「哲学者」ですね。

「汚い」とか「可愛そう」とか、
ありきたりの感想を抱くだけでなく、
そこに真理を追及しようとするその真摯な姿勢が素敵です。

じゅん吉さんの記事がきっかけで、
私もまた、青春時代に読んだ哲学関連の本を、
本棚の前面に並べなおしちゃいました。

私はこっち(哲学)の話題も、
「素人の暇つぶし」の域を出ませんが、
たまに遊び(?)ましょう。

>mocyakurikoさん
哲学に関しては、まったくの独学ですからね・・・・本当にお恥ずかしい限りです。

でも、mocyakurikoさんが再び哲学に興味をもたれたきっかけになれたのなら幸いです。

なかなか哲学的な話しは身近な人たちにはできませんからね・・・下手に話すと思いっきり引かれてしまうし、カミサンなんか「わけ分からんわ!」の一言で相手にもしてくれませんからね・・・。

そんな中で、こんな話題のやり取りができることは貴重な機会だと思っています。本当にありがとうございます。ぜひ、これからも私の「哲学ゴッコ(?)」にお付き合い頂けたら嬉しい限りです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/161660/27863203

この記事へのトラックバック一覧です: 石巻貝、大活躍!:

« 僕もバカになれるだろうか? | トップページ | 小次郎・・・弁当を買いに行くの巻き! »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック