« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の投稿

2009年9月27日 (日曜日)

■金魚のお酒??

 頂天眼&水泡眼が水槽デビューして1週間が経ちました。

 今のところ病気の再発もなく、元気に過ごしているようです。

P1030286

P1030282

P1030284

 しかし、水槽内の水温は、日中は30℃近くまで上昇し、朝晩は25℃前後まで下降。温度差が大きいので金魚たちの健康チェックは欠かせません。

 ところが、そんなことを余所に、水槽の管理人は今宵も美味しいお酒に舌鼓を打っています。

 中秋の明月を眺めながらの月見酒というのも風流があってなかなかのものですが、明月の代わりに金魚を眺めながらの「金魚見酒」というのも、これまた格別!

P1030255

 そんなときに、こんなキュートなお酒があれば、ますます雰囲気が盛り上がっちゃいますよね!

 このお酒は京都の招徳酒造さんが出している「夏の戯れ」というネーミングのお酒です。涼しげな瓶に描かれた可愛らしい更紗模様の琉金と黒出目金。

 飲むのがもったいなくて、今まで冷蔵庫の中に保存し、時々取り出してはニヤニヤしながら眺めていました。今夜は秋の訪れを感じながら開封したいと思います。

 う~ん楽しみだな!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します!
にほんブログ村

2009年9月20日 (日曜日)

■トラブル続きの1週間でした・・・

 何か新しいことを始めるときにはトラブルはつきものです。

 そもそも、ストレス処理が上手ではない性格なので、大きなトラブルは避けたい。そう思うのですが、思うにまかせぬことの多いのが現実というもの。

 下の写真は、前回ブログに掲載した頂天眼の写真ですが、よ~くみると赤丸で囲んだ左の胸鰭に尾腐れの症状が確認できます。

P1030195

 この写真は、頂天眼が我が家に到着して、すぐに撮影したものですが、肉眼では確認できず、ブログの写真を改めて見ているときに気付きました。気持ちも頂天眼がやって来た嬉しさに完全に舞い上がっていたので冷静な観察ができていなかったと反省です。

 これだけならどうってことはなかったのですが・・・今度は、頂天眼のマリリンが鰭赤病に、そして密かに追加購入したキャリコ水泡にも赤斑病が出現!

 「こんちくしょ~!こうなったら矢でも鉄砲でも持って来いってんだ~!」てな感じで、まとめてグリーンFゴールド+0.5%塩水で薬浴開始!

 そして今日、ようやく完治した様子で一件落着となりました。何だかとっても疲れた1週間・・・・「パトラッシュ疲れたろ、僕も疲れたんだ・・・・何だかとても眠いんだ、パトラッシュ・・・・」(by フランダースの犬)って感じです。

 まだまだ、気が抜けませんが、無事生還した頂天眼&キャリコ水泡眼の写真を掲載します。

P1030208

P1030237

P1030220

P1030239

P1030213

P1030247

P1030216

P1030228

P1030222

P1030214

 これ以上トラブルが続かないように、地金や土佐錦たちにも月に一度の予防薬浴を施しておきました。 備えあれば憂いなし!

P1030204

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2009年9月13日 (日曜日)

■頂天眼&水泡眼がやってきた!

 先週の木曜日、お調子者の金魚屋を訪れた。

 あまり過剰な期待はしないように心掛けていたが、いざ訪問となると否が応でも胸が高鳴る。

 その日は早めに仕事を終え、金魚屋へ直行!

 到着するや否や小走りに店内に入り「頂天眼は入ってますか?」と尋ねる。

 ところが金魚屋のオヤジの反応は「頂天眼は入荷できなかった」の一言・・・・・。思いっきり期待を裏切られた・・・・・。どういうわけか注文もしていないパンダ蝶尾を大量に仕入れてきた様子で、「これはお勧めですよ」と唆す。「俺が欲しいのはそれじゃないよ」とブツブツ呟いていたら、なんと僅かではあるが水泡眼を発見!

 「水泡眼も入荷されたんですか?」と聞くと「そうだよ」と言う。まったくそれを早く言えよ!ってわけで入荷していた10匹の水泡眼の中から2匹のキョリコ水泡をチョイスしてきました。

P1030187

P1030180

P1030184

 改めてみると、水泡眼ってとってもエロチックな金魚だなぁ~と思ってしまう。そう思うのは私だけでしょうか?・・・・きっと私だけでしょうね・・・。

P1030188

P1030193

P1030176

 可愛らしい水泡眼をゲットできたのはひじょうに嬉しいのですが、頂天眼への思いは募る一方。そしてとうとう耐え切れなくなって、ペットのデパート東葛・金魚部さんから頂天花房を購入することにしました。

P1030201

P1030195

P1030200

 千葉県から遠路遥々やってきたので、しばらくゆっくりと休養させ、体力が回復したところで水槽デビューさせたいと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。貴方の愛の力で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

■宮崎本物温泉No.37【泉質抜群!「えびの保養温泉」】

P1030175

・おすすめ度:★★★★★

・泉質:【ナトリウム炭酸水素塩泉・硫酸塩泉】
    加温(なし)加水(なし)循環(なし)塩素投入(なし)

・営業:水・土曜日(午後2時~7時)
       木・日曜日(午後2時~6時40分)
    宿泊は水・土曜日のみ可

・料金:入浴料400円、貸切風呂1000円(1時間)

・住所:えびの市大字島内722
    TEL0984(37)1178

P1030174

「もしもし、お尋ねしますが今日は営業されていますか?」

「・・・はい・・・・やってますよ・・・」

受話器の向こうからスローテンポな返事が返ってきた。声の感じからかなりご年配の男性であることが想像できる。

営業されていることが確認できたため、お礼を言い電話を切ろうとすると、少し慌てた口調で「今、お湯を溜め始めたばかりなので・・・・そうですね・・・・1時間後位に来て頂くと丁度よいと思いますよ」という。

営業時間は2時からのはずなのだが、お湯を溜め始めるのがその時間であるため、入浴できるのは3時位からになっているようだ。

P1030173

 268号線を鹿児島方面に向い車を走らせると、道路沿いに派手な看板と観音像が見えてくるので目的地をすぐに発見できる。

 ほぼ予定通りの時間に到着し、受付に向う・・・・しかし誰もいない様子。しかたなく大声で「すいませ~ん!」と連呼していたら、肌着にトランクス姿の店主が現れた。

 想像通りの店主。しかし、トランクス姿で現れるとは・・・恐れ入った。

P1030169

 いつものように写真撮影の許可を頂いた後、今回は、わざわざ浴室まで案内して頂き、温泉の成分やお湯の種類など事細かく説明してもらった。見かけはどうあれ、店主の人の良さに心打たれる。

P1030165

 上の写真が浴室の全体像。

 2層に分かれた浴槽、その奥には岩風呂があり、左奥には泉質の異なる透明のお湯が入った浴槽がある。

 ここの温泉は2つの源泉を持っている。元々は透明のお湯を個人で使用していたのだが、一般に開放するには湯量が足りなかったため、ボーリングして薄緑色に濁った良質の温泉が出るようになったらしい。

P1030166

P1030163

 「黄金の湯」と名付けられたこのお湯。しばらく浸かっていると体に水泡が纏わりついてくる。それだけ多くの炭酸ガスが含まれている証拠だ。

 源泉がそのまま浴槽に注がれており、湯温も40度と適温。ついつい長湯してゆだれてしまいそうになる。

P1030154

 もっとゆっくりのんびり浸かりたいというひとには、こちらの岩風呂がおすすめ。黄金の湯からあふれ出たお湯が溜められているので、さらに湯温が下がり長湯好きの人にはぴったり。

P1030153

 打たせ湯好きな方にはこちらをどうぞ!

 浴槽の中に沈められ、茶褐色に変色した椅子に座って心地良く湯に打たれてください。

P1030149

P1030162

 こちらは地下150メートルから自噴している透明のお湯。透明といってもお湯の中には湯の華がたくさん漂っていました(下の写真:長湯しすぎてふやけてしまった私の手の上にあるのが汚れではなく湯の華です)。

 湯温が32度の源泉をそのまま湯船に注いでいますが、40度のお湯と交互に浸かることで新陳代謝も高められとってもいい感じ!

P1030157

 帰り際、再び店主と談話することができた。

 訊くところによると、なんと今年で80歳になられるという。風呂の掃除やら何やらすべてを一人で切り盛りされ、とってもお元気な様子だった。つやつやしたシミひとつない肌からここの温泉の素晴らしさが伝わってきた。

 商売っ気がなく、「自分の健康維持と道楽のため」に温泉経営を続けられているそうで、「あと20年は続けていきたい!」と笑顔で語られていました。本当に恐れ入ったのひとことです。

P1030152 

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。貴方の愛の力で応援よろしくお願いします。
にほんブログ村

2009年9月 6日 (日曜日)

■お調子者の金魚屋

P1030072

 水槽の中をいつも寂しそうに泳ぐ頂天眼のマリリン・・・

 マリリン自身が本当にそう思っているかどうかは定かではない。

 正確に言えば、飼い主自身が単にそう思っているに過ぎない・・・・。

P1030074

 近いうちに、頂天眼か水泡眼を2~3匹仲間入りさせたい!そう思っているのだが・・・・

 近所のペットショップを回っても、私の心を擽るような個体を発見できない。それどころか、「頂天眼や水泡眼は人気がないので・・・」と取り合ってもくれないお店さえあって愕然とする。

P1030082

 そんな矢先、偶然にも自宅から車で15分程の場所に鄙びたペットショップ店を発見した。

 路上に立てられた看板には「川魚、熱帯魚あります」と書かれている。そして、看板の片隅に小さく「金魚」という文字があったのを見逃さなかった。

P1030088

 早速訪問してみると、店内にはライギョ、オイカワ、鰻など多くの川魚が飼育されていた(熱帯魚はほとんど見当たりませんでした)。

 目的の金魚に関しては、10~15cmクラスの丸々と太ったランチュウ、獅子頭、東錦など。珍しいところでは飯田琉金(赤みの強さに感動!)などが元気良く泳いでいました。

P1030108

 店内をうろついていたら、威勢の良い店長が声をかけてきた。

 「うちの金魚は輸入元から直接買い付けるので卸値価格で販売できる。選りすぐりの個体しか仕入れていない。自分は顔が効くから優先的に良いものを手にすることができる」等々、えらく調子の良い店長の言葉。個人的には、この手の調子の良い人間が苦手・・・・というか大嫌いなので、適当に話しを聞き流しておいた。

 とりあえず、来週の木曜日には頂天眼と水泡眼を入荷するということになったので、あまり期待せずに再訪してみようと思っている。

P1030076

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・らんちゅうへ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。貴方の愛の力で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック