« まさか!こんな焼酎が手に入るとは・・・ | トップページ | ★★★星三つです・・・ »

2009年11月29日 (日曜日)

鹿児島本物温泉No.3【未だ興奮冷めやらぬ!「霧島.山乃城温泉」】

 焼酎を傍らに置き、パソコンに向っている今も硫黄臭がほんのりと体全体を包んでいます。その香りと共に、今日訪れた温泉の風景が鮮明に甦ってきて未だ興奮冷めやらぬ状態。

 これほどまでに私を興奮させる温泉とは・・・・・。
霧島の山中にある「山乃城温泉」通称(霧島の川湯)と呼ばれている温泉のことだ!もう一度訪れたい!温泉のNo.1でありながら、10年ぶりの再訪ということで、否が応でもアドレナリンが全身を駆け巡る。

 また、今回はえびのの温泉で知り合ったそう太郎さんと御一緒できたことも楽しみを倍増させた理由のひとつになっている。温泉の話しは元より、野山の草花のガイドをして頂いたり、政治関連の話題などで、行き帰りの車中でも退屈することなく楽しませて頂きました。

 そんなわけで、そう太郎さんと待ち合わせをして9時に宮崎市を出発。九州自動車道を通って一路霧島へ向った。

 出発前から、かなり興奮のボルテージは上がり気味だったのですが・・・道中、偶然遭遇した紅葉の美しさにまずは大興奮!その写真がこれだ・・・。

P1030673

P1030669

P1030676

 高千穂牧場入り口から霧島方面に向う道で、日本道路百選にもエントリーされているそうです。春の新緑も美しいそうですが、やっぱりこの時季の紅葉は最高!多くの人たちが車を止めて、私たちと同じように写真に紅葉を収めていました。

 もっとこの紅葉を楽しみたいところだったのですが、更なる感動を求めて目的地へ再び出発です!

 というのも、この場所から30分程で霧島には辿り着くことができるのですが、今回の温泉はなかなか手ごわい!

 林田温泉の近くから車で山中に入り、さらに30分進む・・・すると・・・

P1030678

P1030679

 車では入れないようにゲートが閉じられています。しかも、そこには「有毒ガスが滞留し人命に関わる危険性があります」と表示された立ち入り禁止の看板が掲示されていました。

 この看板を無視して、覚悟を決め(?)、さらに林道を30分程歩かなければ目的の温泉に辿り着けないのです!

P1030680

 このような林道を歩きます!

 でも、この時季の山歩きは自然の織り成す美の祭典といった感じで、疲れを感じさせません。

P1030682

P1030696

P1030734

 調子に乗って、こんな蛇まで登場しちゃいました。

P1030736

 さてさて、随分と前置きが長くなってしまいましたが、いよいよお目当ての温泉の登場です!

P1030697

 自然石で積み上げられた階段らしき物を頼りに山の斜面を下って行くと・・・・・・・・・・・・。

 そこには!

 夢にまで見た!

 念願の!

 温泉が!

P1030698

P1030699

P1030700

P1030702

P1030703

P1030704

P1030715

 この川の何処に温泉が?そんな野暮な質問しちゃいけませんよ!この川全体が温泉なんですから!

P1030711

P1030709

P1030706

 川上の川底からは、勢い良く熱湯が飛沫を上げながら自噴していました。10年前の記憶なので定かではないのですが、自噴している場所が変化していたり、以前はなかった泥湯が湧き出ていたりしていました。自然は常に変化しているんですね。

P1030716

P1030717

 川底はあたり一面真っ白!これは下の写真のように川底の石に湯の華がびっしりとこびりついた状態になっているからなんですね。そう太郎さんは、自宅に持ち帰って肌パックをするとかで、この湯の華を懸命に削ぎとっていました。

P1030721

 鹿児島から訪れていた方からここの温泉で茹でたいう温泉卵を頂きました。硫黄の成分で少し殻が黒く変色していましたが、最高に美味しかったです!

P1030728

P1030731

 鹿児島からの先客は、男性1人に女性3人。そして、当然ですがこちらの温泉には脱衣所もなければ、温泉に男女の区別もありません。

 そこで、女性客が退散した所を見計らって温泉にGO!別に減るもんじゃなし、女性客がいても裸体になることには特に抵抗は感じていなかったのですが、私のお粗末なものをみせられて皆さんが気分を害してはと思い、女性の方たちが退散されてから温泉に向いました。

P1030718

 ところが、全てを脱ぎ捨てて勢いよく川に飛び込んだら、源泉に近すぎたせいもあり熱湯風呂状態で慌てて川から飛び出した。

 適当な温度の場所を見つけるために次なる場所へ移るも、なかなか適当な場所が見つからず、生まれたままの姿で岩場を飛び回っていました。きっと、何も知らずにこの場所を訪れた人が私の姿を見たら、霧島の山中に白くプヨプヨした体の『野人』がいた!と勘違いするに違いありません。そんなことを考えながら、ようやく適当な場所を見つけることができました。

 青空を眺めながら湯船に使っているとあたり一面から湧き上がる蒸気と一緒に「ゴウゴウ」と勢いよく噴出す源泉の音が響いてきました。川底からは臀部に地熱が伝わり、地球が生きていることをもろに実感します。この瞬間、私の感動のバロメーターは完全に振り切れてしまいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願いします。
にほんブログ村

« まさか!こんな焼酎が手に入るとは・・・ | トップページ | ★★★星三つです・・・ »

鹿児島の本物温泉の紹介」カテゴリの記事

コメント

おめでとうshine感動の様子が想像できます。紅葉も素敵ですねmaple。霧島野人ツアーの話楽しみにしていますgood

おお!なんか久しぶりに
じゅん吉さんの紀行文に触れた気が。

今回はいつもの冷静さが
吹っ飛んでいる様子が
文脈からも伝わってきますね。

言われてみれば
「地球が生きていること」を実感するような
経験は、ここ20年くらいしていないですね。

路地裏にある居酒屋の「隠れ家」も
いいですが、
こういう壮大な「お気に入りの場所」を
持っていることは素晴らしいですね。

プヨプヨした野人って、
じゅん吉さんの自虐ネタも最高です!

>まんぼーさん
まだ今週末くらいまでなら紅葉も楽しめると思いますよ!野人ツアーの話しは今度ゆっくりと話して聞かせましょう。

>mocyakurikoさん
片道4時間もかかる場所だったのでけっこう疲れていたはずなのに、その日の夜は気分が高揚し眠れず、深夜3時まで本を読んだり、ブログの記事を書いたりしていました。

ここの温泉は、人の手がまったく加わっていない自然そのものですから、付き合い方もかなり面倒です。雨が降れば増水して入れないし、冬場は路面凍結して現地まで行けなくなる。入浴できる場所も自分で岩を移動させて入浴しなくてはいけないし、気候や雨量などによって湯温もその都度変化します。でも、こういう自然との煩わしい関係って個人的には好きなんですよね。

私たちが通常生活している社会をコミュニケーション可能なものの全体と捉えるならば、それを超越したありとあらゆるものの全体として「世界」とういうものがあります。自分の意のままにならない自然との煩わしい関係の中に身を置いてみる時、社会の重力から解放されて世界に直接触れてる、何だかそんな感じになって日常のストレスなんか吹っ飛んじゃうんですよ。

次、この温泉を訪れることができるのは何年後になるのか分かりませんが、是非再訪したいと思っています。

深いご返答に思わず素通りできずに再度コメント。
「言うねぇ~」と、深く感心いたしました。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まさか!こんな焼酎が手に入るとは・・・ | トップページ | ★★★星三つです・・・ »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック