« 衰えは否めない | トップページ | これはなんだろう? »

2009年12月26日 (土曜日)

トロ舟飼育・・・

P1030829

P1030830

 小型の水槽で7cmクラスの金魚を飼育するのには、やはり無理があるようです。特に琉金のような丸手の金魚はすぐに転覆気味になったり、水質が急激に悪化したり。

 箱型の小型水槽の中では何だか元気がない金魚たちも、同じ水量でも水深が浅く、底面積が広いタライに移すと、実にのびのびと元気に泳ぎ回る、そんな姿を見ているうちに「トロ舟に切り替えようか・・・」という思いに駆られ、ついにそれを行動に移してしまいました。

 11月の下旬から着々と準備にかかり、青水も完成し、琉金たちを導入。現在、約1週間が経過しましたが、皆さん順調に経過しているようです。

P1030834

 こんな新顔も加わり、賑やかなトロ舟になってきました。今日の日中の水温は15℃。本格的な冬の到来はまだまだこれからといった感じの南国宮崎です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚・(らんちゅう)へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

« 衰えは否めない | トップページ | これはなんだろう? »

金魚のこと」カテゴリの記事

コメント

トロ舟導入、おめでとうございます!
広いトロ舟に引っ越しした金魚ちゃん達は、
嬉しいでしょうね~♪
水温15度! やはり南国、暖かいですね~
それだけ水温があれば、引っ越した金魚ちゃん達も
軟着陸できそうですね

キャリコ琉金ちゃんの導入もおめでとうございます!
体高があり色合いも素敵ですね~
また、トロ舟の越冬状況を教えてください!


先日はご訪問&コメントありがとうございました。m(_ _)m
やはり金魚は舟飼育が一番ですね。
新顔さんも美人さんですね~
南国いいな~heart04
それではまた来ますnote
(σ^ω^)σ[ポチ]heart04

>バナナ主人さん

キャリコ琉金は、「ペットのデパート東葛」さんから取り寄せたものです。青みの強い体色と丸々とした体型に一目ぼれして購入したものです。
今までも屋外で東錦などを飼育していたんですが、ほとんど放置状態。本格的に屋外飼育に取り組むのは今回初めてなのでチョッピリドキドキです。また、トロ舟の状況も定期的に報告していきますね。

>yama-kuさん

コメントありがとうございます!
宮崎はまだまだ穏やかな日々が続いてますよ。特に平野部は雪とは無縁の環境なので、逆に雪が降る地域が羨ましかったりします。

また、そちらにも遊びに行きたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします!ポチ返ししときました。

金魚たちも広いところのほうが好きなんですね♪
新顔の琉金かわいいですー
宮崎は、夏は水温があがるのが心配ですが、冬はそこまで寒くならないのでいいですよね。

>みりんさん

確かに宮崎の気候は穏やかですからね、冬は助かりますが、夏は青水管理が大変です。3日間も放置していたらあっという間に濃い青水に変化しちゃいますもんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 衰えは否めない | トップページ | これはなんだろう? »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック