« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の投稿

2010年1月24日 (日曜日)

青水の管理

P1040096

 トロ舟飼育を開始して約1ヶ月。

 金魚の状態がほとんど確認できないほど青水の濃さが増してきた。

 そこで、今日は温かい昼間に水換えを行いました。

P1040100

 ポンプの先にネットを取り付け、青水を濾していく。

P1040110

 トロ舟の底には予想以上に糞などが沈殿していました。

 餌はほとんど与えていないのに凄いですね・・・。ほとんどが緑の糞なのでおそらく植物性プランクトンを食べて排泄したものと思われます。

 これら全て取り除き、トロ舟についた苔もきれいに擦り落します。

 そして、濾した青水と不足分の水を加えて完了。

P1040112

 冬越しのためには綺麗な容器と青水が寒さと健康を守る盾となるので、冬場でもこれらの作業は欠かせません。

 水換えついでに金魚たちの健康状態もチェック!

P1040102

P1040109

P1040108

 どの子も今のところ異常はなさそうです。

 キャリコ琉金は?

P1040105

ん?・・・・・・ん?ん?ん?ん?・・・・・・・・・・・・・・ん!

P1040106

 お分かり頂けたでしょうか?

 鰓と胸鰭のあたりにはっきりと「追星」が出ています!

 そういえば最近、水温が15℃近くまで上昇するとやたらと他の琉金たちを追い回す行動がみられていたのですが、こういうことだったんですね。

 今年の春は、本腰入れて繁殖にチャレンジしてみようかな? 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2010年1月17日 (日曜日)

ヒレ酒

P1040095

 純白の体に映える赤い鰭。そして孔雀尾とよばれる独特の尾鰭。フナ尾が2枚、縦に割れたような形状で後から見ると「X」のような形に見える。和金系の金魚ではあるが、この尾鰭のせいでシャープな泳ぎは苦手である。

P1040091

 我が家の地金は理想からはまだまだ程遠い個体であるが、泳いだ時に尾鰭の下端のみが閉じるような、しなやかな孔雀尾を持つ地金を、何時の日か自分の手で作ってみたい!そんな無謀な夢を密かに抱いている・・・。

P1030988

 ところで、鰭は鰭でもこちらは「河豚の鰭」

 これを使って今日は鰭酒を頂きます。

P1030991

 先ずは網の上で鰭を炙ります(ちょっと焼きすぎ?)。

P1030998

 そして、このような密封された容器に80℃近くまで燗した日本酒と一緒に河豚鰭を入れ1分ほど待ちます。

 次に、上蓋をそっと空けながら火を近づけフランべします。

 最後に上蓋を被せ、3分ほど置けば完成!

P1030999

 淡い琥珀色に変化した鰭酒からは香ばしい香り漂ってきます。

P1040003

 辛口で重厚な味わいのお酒の方が鰭酒にはマッチするという人もいますが、すっきりとした味わいの「浜千鳥」でも相性はバッチリでした。

 キンツハゲと寒ブリを摘みに頂いたのですが、この鰭酒は摘み無でも香りを摘みに十分楽しめる飲み方。くれぐれも飲みすぎないよう注意が必要です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

宮崎本物温泉No.39【今年の初湯は「曽山寺温泉.杉雨荘」】

P1040045

【曽山寺温泉「杉雨荘」】おすすめ度★★★★

  • 泉質:単純硫化水素泉(緊張性低張冷鉱泉)
  • 循環(無)、加温(有)、加水(無)、塩素投入(無)
  • 設備:内湯(1)水風呂(源泉風呂1)シャワー、カラン(有)、シャンプー類(無)、石鹸類(有)、宿泊(可)
  • 入浴料金:500円
  • 営業:15~21時、毎月第2,4火曜日は定休日
  • 住所:宮崎市大字加江田3700 TEL0985-65-0128

P1040043

 年末年始は鹿児島で温泉三昧の日々を過ごすのが毎年恒例なのだが、運悪く昨年末から風邪を引き、未だ温泉にありつけていなかった。

 そういうわけで、待ちに待った今年初の温泉に行ってきました!

  1. (友人の希望で)宮崎市街地から車で30分以内の場所
  2. 源泉かけ流しの本物温泉であること
  3. 正月お金を使いすぎたので料金が500円以内であること
  4. 入浴者が少なく、ゆっくりと過ごせる隠れ家的温泉

以上の条件を兼ね備えた温泉を自分の頭の中で検索した結果、今回訪れた「曽山寺温泉」に決定した。

 竹林に囲まれた静かな佇まいを見せる「杉雨荘」。訪れるのは3年振りである。写真からも見て分かるように「営業してるの?」と尋ねたくなるような閑散とした雰囲気の建物。

P1040073

 玄関を入ると埃を被った熊の置物や古びた人形などが飾ってあります。

 この飾りっ気のない雰囲気から、「うちは泉質の良さだけで勝負してますから!」そんな強気な暗黙のメッセージが伝わってきます。

P1040047

P1040054

P1040055

P1040065

 浴室もひょうたん型の内湯と水風呂があるだけのシンプルな作り。

 しかし、お湯は最高に気持ちが良い!ツルツルヌルヌル感が半端じゃない。おそらくこの感触の良さは県内の温泉では1、2位を争うものかもしれない。

 湯上りもサラサラ感が持続し、あまり温泉好きではない友人も「ここの温泉は湯上りのべたつき感がまったくないね」と言っていた。

P1040049

P1040050

 こちらは水風呂の写真。しかし、これはただの水風呂ではない。じつは加温されていない源泉をそのまま溜めたものなのだ!

 ここの温泉は冷鉱泉で、もともとの湯温は24度しかない。だから、内湯の方には加温したお湯と源泉をミックスしているが、源泉そのものを楽しみたいという人にはこの源泉風呂はとってもありがたい。内湯と源泉風呂を交互に入る。それを4~5回繰り返し、一時間近くも楽しませてもらった。

 これで、しばらくは本業にも副業(?)にも頑張れそうです!

P1040075

P1040076

 ※温泉帰りには青島名物の「ういろう」まで買っちゃいました。とっても美味しかったです!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ貴方の愛の力でポチッとワンクリックお願いします!
にほんブログ村

2010年1月15日 (金曜日)

地金の色が・・・

 地金が我が家にやってきて約半年が経つ。

 購入時、鰭が裂けていたり、尾腐れっぽい症状があったものの、それ以後はまったく病気することもなく元気に育っている。

 また、最近は鰭の赤みが増してきたように思える。

 購入時の写真と比較してみるとその違いがよく分かる。

先ず購入時の地金一号の写真

P1020382

P1020300

そして、これが最近の地金1号

P1040039

P1040028

さらにもう一匹の地金2号の購入時の写真

P1020923

P1020201

そして、これが最近の地金2号

P1040035

P1040040

P1040029

 このまま赤みが増して、何時の日か理想的な六鱗模様になるのを夢見ているのだが・・・。

P1040038

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ貴方の愛の力でポチッとワンクリック!
にほんブログ村

2010年1月10日 (日曜日)

日向ぼっこ

 朝目覚めると、時計の針はすでに9時を回っていた。

 久しぶりの朝寝坊である。どうやら昨日の酒がまだ残っているようでチョッピリ今日は頭が重い。しかし、窓を開け空を見上げると、そんなどんよりとした意識を目覚めさせるかのような晴空が広がっていた。

 こんな日は、「日向ぼっこにかぎる・・・」そう呟きながら、本棚から一冊の本をとり、車に向かった。この時季、日当たりの良い場所に停めた車のなかで日向ぼっこをしながら読書をするのがちょっとした楽しみになのだ。

 車の中だと誰からも邪魔されず、読書に没頭できる。おまけに暖房器具など一切使用しないので地球環境にもやさしい!ただし、何時間もこれをやっていると「休みの日ぐらい家事を手伝いなさいよー!」という女房の怒りを買うことになるので注意が必要だ。

 だから今日も1時間程度で切り上げることにした。

 屋外に置かれたトロ舟を覗くと、飼い主と同じように金魚たちも日当たりの良い場所に集まっている。まるで、日向ぼっこを楽しんでいるかのようだ。

P1040008

P1040009

 いつもは水草や水面下でじっとしていることが多いのだが、今日は水温が15℃まで上がり、金魚たちにも動きが見られる。時折、青水から姿を表し、餌をねだるような仕草をみせた。

P1040016

P1040017

 「お前たちと一緒に日向ぼっこがしたいよ~」そうボヤキながら、カミさんに指示された風呂掃除に向う飼い主でした。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2010年1月 4日 (月曜日)

ウルトラ模様の頂天眼!?

烏帽子を被り、狩衣指貫を着た恵比寿さんが巨大な金魚を差し出してきた。よく見ると、それは体長が30cm近くもありそうな巨大な頂天眼。しかも、赤と銀の不思議な体色を持つ。赤と白の体色を更紗模様というが、この頂天眼はまさにウルトラ模様だ!こんな不思議な頂天眼をボクにあげるというのか!恵比寿さん「ありがとう!!」

そこで、夢から醒めた・・・・。

何とも縁起の良さそうな初夢であるが、夢占いによると魚の夢は、豊かな生命力、潜在能力を表し、チャンスに恵まれたり、仕事・学業面で本来の力が発揮できるなど運気が上昇することを暗示しているらしい。

なのに・・・正月早々、風邪を引き、顎関節症が悪化して口が空かない物が噛めない状態。おまけに鹿児島から帰宅してみれば治療中だった水泡眼は★になっていた。こんな状況からは運気が上昇する気配など微塵も感じられない。

P1030889

初詣で引いたおみくじには

「初めは憂き事あれど後、吉。深く嘆き悲しまず身を慎んでおれば後は万事思いのままになります。慌て騒ぎ心乱れると災いこれより起こることあり。心静かにしなさい」と書かれていた。

まるで、僕の心を見透かしたようなこの文言に驚嘆した。とりあえず今年は身を慎んで、心静かに過ごすことにします・・・・できるわけないかbleah

P1030822

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック