« 踏んだり蹴ったり | トップページ | うぅ・・・たまらん! »

2010年3月16日 (火曜日)

宮崎本物温泉No.40【えびの京町温泉郷「十兵衛の湯」】

 ホワイトデーのお返しの品を買うために小林市まで車を走らせたついでに、少し足を伸ばして久しぶりにえびのの京町温泉郷を訪れてみました。

 今回、京町温泉郷を訪れようと思った理由は、我がブログの温泉ランキングで1位にランキングしている城山温泉が営業を停止してしまったという噂を聞きつけたからです。それをどうしても自分の目で確かめたく再訪を決定しました。

P1040330

 看板は以前のままだったのですが・・・・・・

 訪れてみると・・・・・・・

P1040327

P1040328

 古びた建物がさらに酷い状態となり、見る影もない姿へと変化していました。

 浴場入り口には出入りできないように傘立てらしきものも置かれいます。

P1040329

 駐車場の片隅にはお知らせ用の看板が掲示してありました。よくみるとそれには「皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、温泉の営業をしばらく休業します。申し訳ございません」と書かれていました。

 どうやら噂は本当だったようです。非常に残念ですが、「・・・しばらく・・・」ということなのでいつの日か再開してくれることを期待したいと思います。

P1040387

 ということで、気を取り直して今回は京町温泉郷にある「十兵衛の湯」を訪れることにしました。

P1040333

 こちらの温泉には同敷地内に温泉棟と宿泊施設、そして宴会場も備えた御食事処があります。

P1040388

 上の写真がお食事処です。安心・安全な国内産の厳選された材料を熟練した技術で手打ちした本格派うどん・蕎麦が味わえます。他にもお寿司や焼肉、無菌豚のシャブシャブ、名物の瓦そばなどメニューも豊富。宿泊者は残念ながら部屋食はできませんが、御食事処内には宿泊者専用の部屋が準備されているそうです。

P1040361

P1040363

P1040362

 次は宿泊施設「十兵衛の宿」の紹介です。

 2階建ての建物には客室が6部屋あり、全ての部屋に専用の露天風呂が完備されていました。

P1040346

P1040335

P1040348

P1040349

 上の写真は、1階の「蘇芳の間」の露天風呂です。5~6人は余裕で入れるくらいのゆったりとした露天風呂。もちろんお湯は源泉賭け流しで、オーバーフローしたお湯で水溜りができていました。何と贅沢なことでしょう!

P1040347

P1040337

P1040342

P1040344

 「青藍の間」はブルーを基調にした部屋。露天風呂は「蘇芳の間」 に比べるとやや小さめでした。

 このように各部屋ごとに部屋の構造が異なるのでリピートする楽しみも倍増しそうです。

P1040355

 2階の客室用露天風呂は離れに設置してあります。

P1040353

P1040354

P1040357

 宿泊は一泊二食付きで9,450円(1階)、8925円(2階)ですが、5250円の懐石コースを注文すると、こちらの宿泊棟で日帰り温泉も楽しめるそうです。

 もちろん部屋風呂だけでなく温泉棟の大浴場の利用も可能です。

P1040370

P1040365

P1040372

 泉質はナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性高温泉)。

 源泉の温度は64.5℃とかなり高めのためか、屋内のお湯はやや熱く感じました。源泉賭け流しではあったのですが、塩素が投入されているため飲泉は不可。湯触りはツルツルとした感じではありませんが、湯上りがさっぱりしてとても気持ちよかったです。

P1040374

P1040377

 温泉棟の浴室には大浴場(1)、露天ヒノキ風呂(1)、水風呂(1)、そして蒸し風呂がありました。蒸し風呂には温泉とマイナスイオンの相乗効果で心身を癒してもらおうという狙いなのか、ブラジル原産の天然鉱石「トルマリン」が床などに使用されています。

 ところが、この蒸し風呂、遠赤などの近代的装置があるわけでもなくスノコの下を熱湯が流れ、その蒸気で蒸し風呂を楽しむという非常に原始的なスタイルのもの。これがまたすごい熱気!マイナスイオンに癒される前に燻されてしまいそうでした。

 今回、施設を丁寧に案内して写真撮影にまで御協力頂いた施設の方に深く感謝いたします。今度はゆっくりと泊りがけで訪れて、タップリと癒されたい、そんな温泉でした。

P1040369

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

« 踏んだり蹴ったり | トップページ | うぅ・・・たまらん! »

宮崎の本物温泉の紹介」カテゴリの記事

コメント

どうもconfidentお疲れ様でした。ムチャ振りにも答えていただき感謝しております。bottleの感想は、いただきましたら詳しくお伝えいたします。ここの温泉もよさそうですが・・・。ちと遠いですね。また機会があれば行って見たいデースrvcar

>マンボーさん
私の好みで買ってきたお酒ですのでお口に合うかどうか・・・。ぜひ、また感想を聞かせて頂ければと思います。

それと十兵衛の湯の露天風呂付きのお宿は清潔感もあってお勧めですよ。マンボーさんはお風呂三昧で過ごしたいという人なので、離れに露天風呂があるタイプよりも、1階の部屋に露天風呂が設置してあるタイプのお部屋の方がいいかもしれませんね。

こんなに詳しく十兵衛を紹介して頂き本当にありがとうございます!!!

写真の撮り方もお上手ですね(*^-^)
遠いでしょうが機会がありましたらまたお越しくださいませ♪

また私もブログしてますので遊びに来てください(*^ω^*)ノ彡

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 踏んだり蹴ったり | トップページ | うぅ・・・たまらん! »

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック