« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の投稿

2012年4月29日 (日曜日)

大分本物温泉No.7「凄すぎ~!!日本屈指の驚異の炭酸泉!!」七里田温泉館.木乃葉の湯

 長湯温泉から七里田温泉までは車で約10分。

 今回の目的地は日本屈指の驚異の炭酸泉!と評判の七里田温泉館「木乃葉の湯」です!

 この日は天候も良く、七里田温泉の敷地内からは雄大な大船山を見上げることができました。

P1070702

 敷地内には、2箇所の飲泉所が設けられています。

P1070706

P1070708

 さてさて、それでは、早速温泉に・・・

 七里田温泉館には館内にある「木乃葉の湯」と100mほど離れた場所に、長い間地元の人たちの共同浴場として使われてきた「下湯(通称ラムネ湯)」と呼ばれている2つの温泉があります。

 下湯はマスコミなどにも度々取り上げられ、随分有名になってしまいましたが、館内にある「木乃葉の湯」もとっても良い温泉なんですよ。

 みてください!これが「木乃葉の湯」です。

P1070719

P1070721

 この日、一番風呂で湯浴みしたんですが、お湯の表面には湯之華の膜が薄氷のように広がっていました。指を差し込んでみるとパリパリと罅が・・・・

 こういうのを目の前にするとテンション上がるんですよね。

 木乃葉の湯の泉質はマグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。遊離二酸化炭素は572mgで肌への泡付きはほとんどありません。黄白濁色のお湯で、口に含むとミネラル臭と微かなえぐ味が感じられます。

P1070723

 屋外には2つの露天風呂もあります。大船山を眺めながら入る露天風呂は何とも開放的で優雅な気分にしてくれます。

P1070728

 さて、お次はラムネの湯に向います・・・・

 ラムネの湯に入るためには受付で入湯料300円を払い、さらに1000円(後で戻ってきます)を受付に預けるとラムネ湯の鍵がもらえます。

P1070726

 その鍵を持って温泉館から100mほど坂を下っていくと鄙びた建物が見えてきました。

P1070731

 出入りの際には、必ず鍵をかけてくださいと受付の人に言われたので、しっかりと施錠し浴室に入っていくと・・・・

 脱衣所から数段階段を下りた場所に7~8人も入ればいっぱいになりそうな小ぢんまりとした浴槽がありました。今回は、先客がいて、しかも皆さん1時間近く長湯されるので残念ながら写真に納めることができなかったのですが、ここの温泉はかなり感動ものでした。

 無色透明の綺麗な炭酸泉。湯温37.5℃でけっこう温めです。右足、左足・・・そしてゆっくりと体をお湯に沈めていくと瞬く間に全身が泡だらけに!!!静かに耳を澄ますとそこらじゅうでパチパチと泡のはじける音がします。お湯の中で体を動かせばシュワシュワっとさらに泡が弾け飛ぶ!

 長湯温泉にあるラムネ温泉よりも、泡付きの度合いは凄かったですね。炭酸含有量は長湯のラムネ温泉では781㎎であるのに対して、こちらのお湯は1250㎎。凄いはずです!でも、炭酸ガスの濃度が高すぎるために過去に死亡事故が起こったこともあるそうなので換気には十分注意が必要です。

 私が入浴している時に、初めて訪れた方が脱衣所と浴室を仕切る扉を閉めようとして、地元の人に注意されていました。ちょっと怖いけど、ここは再び訪れてみたい温泉ですね。

【七里田温泉 「木乃葉の湯」「下湯」】
・泉質:(木乃葉の湯)マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉
     (下湯)二酸化炭素泉  
・温泉施設:(木乃葉の湯)男女各3(大浴場1、露天風呂2)
        (下湯)男女各1     
・備品:シャンプー類あり(下湯なし)
・加水:なし
・加温:なし
・塩素投入:なし
・循環:源泉掛け流し
・本物度★★★★★
・雰囲気★★★★★
・お勧め度★★★★★
・住所:大分県竹田市直入郡久住町有氏4050-1
・TEL:0974-77-2686
・営業時間:9:00~21:00(定休日は第2火曜日)
・入浴料:木の葉の湯(大人300円)、下湯(大人300円)

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へブログランキングに参加中です。左のバナーをクリックするとランキングがアップします。皆様の応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2012年4月22日 (日曜日)

二代目まりりん登場~♪

 頂天眼のまりりんが★になって、早いもので1年3ヶ月が経ちました。

 現在、我が家にいる頂天眼は1匹だけ。

 ちょっと寂しい気もしますが、計画では土佐錦魚(雄)を近々購入し、産卵計画を実行する予定なので、頂天眼の購入は計画にはありません。

 私の雀の涙ほどの御小遣いでは、土佐錦魚を購入するとなると、とてもその他の金魚を購入する余裕はないので、すこし経済的に余裕ができてから・・・と思っていました。

 ところが・・・「フルタニ金魚倶楽部」さんのHPを覗いていたら、なんと!あの、まりりんそっくりの頂天眼を発見!

 土佐錦魚の購入をどうするか?いま、この頂天眼を買うべきか?等々・・・散々迷った挙句、土佐錦の購入を先送りし、頂天眼を購入することに決定。

 その子がこちらです!

P1070744

P1070742

P1070743

 正確には、頂天眼ではなく、頂天花房になります。

 頂天眼にはない花房が口の上に付いています。体も頂天眼に比べると体高がありふっくらとした体型です。

P1070746

 体長8.4cmということだったんですが、茶巾頂天花房と比較してみると随分小さくて可愛らしいですね。茶巾頂天花房がでかすぎるのでしょうか(笑) 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へブログランキングに参加中です。左のバナーをクリックするとランキングがアップします。応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2012年4月19日 (木曜日)

大分本物温泉No.6【長湯温泉.温泉療養文化館「御前湯」】長湯温泉のシンボル的温泉施設!

 5時30分にセットされた携帯のアラーム音が鳴り出す前に目覚めた。車から降りて、思いっきり伸びをして、何気なく東の空を見上げると何とも綺麗な朝焼けが広がっている。朝が苦手で、何時もぎりぎりセーフで出勤する日々を過ごしている私なので、その感動はひとしおであった。

 前日、旅費を少しでも浮かせるためにチョッピリ早起きをして弁当を作り、長湯温泉に出発。お昼前に長湯温泉の「水神之森温泉」に入り、弁当を平らげた後、「ながの湯温泉」⇒「万寿温泉」と梯子し、道の駅「ながゆ温泉」の駐車場で一夜を過ごしたのだ。

 駐車場からは温泉街をのんびりと散策できる距離。目の前に大好物の温泉が並んでいれば、そりゃぁどんなに朝が弱い私でも気持ちが昂り、否応でも目が覚めるというもの。

 長湯温泉は久住山麓の丘陵地に位置し、4月といえども朝晩はけっこう冷え込みが厳しい。車から降りた私は、さっそく自動販売機に向かいホットコーヒーで冷えた体を温めた。それから川沿いに立ち並ぶ温泉宿を一軒一軒見定めながらひと回りして、目的地の「御前湯」へと向った。

P1070700

P1070664

P1070666

 御前湯の独特の建物は平成10年に建てられたものだそうだが、その歴史は古く江戸時代にこの地を治めていた岡藩主・中川候の入湯宿泊の便を図るために温泉を取り込んだ御茶屋が建設されたのが始まりらしい。(御前湯URL http://www.gozenyu.com

建物の玄関先には飲泉所が設けられているが、館内にもさらに2箇所の飲泉所がある。飲泉することで利尿作用や便秘にも効果のあることから、老廃物を取り除きデトックス効果も期待できるとのこと。とりあえず、ひとくち口に含んで館内に向った。

 館内には2階に喫茶室と36畳大広間の休憩室、3階にはマッサージルームがあり、お風呂上りにゆっくりとくつろげる。外注になるが休憩室では食事もできるそうだ。

 浴室は1階と3階にあり奇数日は1階が女性専用、3階が男性専用となり、偶数日は男女が入れ替わるそうで、今回訪れたのが奇数日だったため3階のお風呂に入ることになった。

P1070755

 フロントで貰ったパンフレットを見ると3階の大浴場はブルーの洒落た感じの浴槽だった。ところが・・・・

P1070680

P1070678

 浴槽や湯口周りは温泉成分が堆積し、もともとの浴槽の色はものの見事に赤茶色に変化していた。

P1070688

 こちらは冷泉風呂。湯温は29.7℃とけっこう冷たい。

 御前湯には、3本の源泉があり、それぞれ泉質、湯温が異なっている。1階大浴場と貸切風呂はマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉で湯温が45.8℃、3階大浴場はマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉で湯温が46.8℃。そして1階、3階の冷泉はマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉で湯温が29.7度となる。

 冷泉の遊離・二酸化炭素量は243.9mg/lとやや少なめであるが、その他の2つの源泉は854.7mg/l、918.4mg/lと40℃代のお湯では飽和量限界に近い量の炭酸ガスが含まれている。

P1070685

P1070683

 こちらの露天風呂も大浴場と同じ泉質?だと思うのだが、口に含んでみると炭酸味、金気味と同時に強烈なえぐ味が感じられた。

 この強烈なえぐ味は、露天風呂のお湯だけで、その他のお湯にはなかった。

P1070686

 さらに、大浴場や冷泉には見られなかったのが、この白く結晶化した湯の華。露天風呂の底に大量に蓄積していた。露天風呂のお湯は成分濃度が高いのだろうか?

 そんなことを思いながら露天風呂に入り浸り・・・

P1070687

 露天風呂から温泉宿が立ち並ぶ川沿いの景色を眺めていたら、何処からともなくお寺の鐘が静かに聞こえてきた。

 長湯の朝は、なんと風情あるものか。嘗て、野口雨情や与謝野晶子といった数多くの文人達が好んでこの地を訪れたのも何だか分かるような気がする・・・

【温泉療養文化館 御前湯】
・泉質:マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉
 マグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉  
・温泉施設:男女各3(大浴場1、露天風呂1、冷泉風呂1)、サウナ、貸切風呂3
・備品:シャンプー類あり
・加水:なし
・加温:なし
・塩素投入:なし
・循環:なし。源泉掛け流し
・本物度★★★★★
・雰囲気★★★★★
・お勧め度★★★★★
・住所:大分県竹田市直入町大字長湯7962-1
・TEL:0974-64-1400
・営業時間:6:00~21:00(定休日は第3水曜日)
・入浴料:大人500円、小人200円、貸切風呂2000円

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へブログランキングに参加中です。左のバナーをクリックするとランキングがアップします。皆様の応援でワンクリック頂けると幸いです。
にほんブログ村

2012年4月 1日 (日曜日)

これで腸能力ア~ップ!!!

 蓼食う虫も好き好きというが、金魚に関していえば、やっぱり福与かな体型には心から魅了される。

 女性の好みも、どちらかといえば、程よく福与かな方が魅力的に感じるのだが、私のその思いは上手く伝わらないことが多い。

 先日も福与かな飲み屋のオネェちゃんに「君が金魚だったらとっても魅力的だよ!」と、自分なりには最高の褒め言葉を贈ったつもりだったのが、セクハラだの、KYだのと散々罵倒されることとなってしまった。女性の心をつかむのは、やっぱり苦手な私だが、金魚の胃袋(金魚に胃袋はないのだが・・・)をつかむ事に関しては、少々自信がある。

 まず金魚の福与かな体型を作るために、欠かせないのが2~3年前から使っている鱒の養殖用の餌だ!

P1070561

 クラッシュタイプで食べやすく、食いつきも半端ではない。この餌、養殖用とあって与え続けると、見る見るうちに太ってしまうから驚きものだ。

 しかも、500gで500円!「今なら金利手数料無料です!」とどっかの通販CMの台詞が飛び出してきそうなくらいの御手頃価格。

 ただし、やり過ぎると完全にメタボ体型になってしまうので要注意だ。そこで今回、健康志向を意識して、新たな餌を導入した。

P1070562

 そのひとつが、こちらの「あゆソフトEN」

 ビタミン、ミネラル類も多く含む栄養バランスのとれた餌。しかも、使用されている原料のノーサンヘルシースイートは整腸作用もあり消化吸収を促進するという優れものだ。

 そして、極め付けがこちら・・・

P1070552

 商品名は「レフィッシュ」

 単にブクブク太らせることはせず、あえて引き締まったスマートな魚体を目指し、より強い体質を持たせることを念頭に乳酸菌、納豆菌を配合した画期的な商品なのだ!

 ただ、この餌だけだと私の求める福与かな金魚はつくりにくくなるので、3種の餌を適当に配合したものを我が家の金魚たちには与えている。これで、金魚たちも腸能力アッ~プ!!!で元気に太ってくれることだろう・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ左のバナーをクリックするとブログランキングがアップします。応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック