宮崎B級グルメ情報

2014年3月16日 (日曜日)

お勧め!「桃乃屋」のチーズ饅頭

約3ケ月ぶりの記事の更新です。

そのせいで何かあったのではないかと御心配頂いたりして・・・(ぼんねえさんコメントありがとうございました)

だいじょうぶです!生きてます!忙しさにかまけて放置していただけですので御心配なく。

ひさしぶりに何か書き留めておこうと思うのですが、先日ホワイトデーに送ったチーズ饅頭の紹介でも・・・

Dsc_0009


最近、私が嵌った和菓子、日向市にある桃乃屋のチーズ饅頭。正確な商品名は「チーズ浪漫」。

チーズ饅頭と言えば宮崎生まれの人気和菓子。県内には約250のお店で取り扱っているほどの人気商品の一つだ。

そのすべてのチーズ饅頭を食べつくしたというわけではないが、私が食べたチーズ饅頭の中では桃乃屋のチーズ浪漫の美味しさは群を抜いている。

Dsc_0010


饅頭の生地にはココアが含まれていて真っ黒!まずこの色にちょっと驚き・・・

Dsc_0012


中を開いてみると、焼き芋を思わせるような香りを伴った、しっとりとした芋あんの中にクリームチーズが現れる。言葉でその味を表現するのは何とも難しいのだが、仕事帰りに小腹が空いて車の中で初めて食べた時には、あまりのおいしさに急ブレーキを踏みそうになったくらいだ。

お店の人に、ブログでチーズ浪漫を紹介したいと申し出たところ、「私はパソコンに疎いもので、紹介して頂けると大変助かります」と控えめな表情で言われた。小さなお店だが、店内に並んだ和菓子はどれも上品で繊細。きっと丁寧な仕事される方なんだろうなぁと思った。隠れた宮崎の名店を発見できてちょっぴり嬉しい。

【桃乃屋】
宮崎県日向市大字財光寺1235−2
0982-53-5226

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

2013年11月10日 (日曜日)

極上の「栗きんとん」&「栗おはぎ」

『はな恵』の栗きんとんは、以前も紹介したがhttp://junpaku.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_4f1d.html やっぱり上手い!

先日、テレビを見ていたら美郷店だけでなく、2年前に宮崎店までオープンしていたのを知り驚いた。

地元産(西郷の山で採れた)の山栗を原料に、砂糖のみを加えた自家製栗あんは素材そのものの味が生かされ、控えめな甘さがじつに美味い!

Kakonnpdh8wem6zlgvyd

Kakoga3u2bcqcmjgqeg3

半分に割ってみると、中からおいしそうな栗の風味が漂ってくる。

さらに栗きんとん以上に私が絶賛しているのが、下の栗おはぎ!

Kakojjbskjf4xb0hjlkv_2

Kakoe0yd5rsstuncw1da

これが最高に美味しい!写真を見ているだけで涎が出てきそうになる!

秋は美味しい食材に溢れ、テンション上がりっぱなし・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村ポチッとよろしく!

2012年3月 4日 (日曜日)

ついに宮崎にも念願の・・・

 『餃子の王将』は京都市に本社を置く「王将フードサービス」が全国展開する中華料理店。宮崎市青葉町にも一昨年の夏頃、出店した。

 ところが、このお店、実は「王将フードサービス」の直営店ではない。『餃子の王将』にはのれん問題(詳細はwikipedia[餃子の王将]をお読みください)というのがあるらしく、青葉店はイートアンド経営の『大阪王将』というのが正式な店舗名となる。

 王将フードサービスとイートアンドは商標に関する裁判の結果、『餃子の○○』という下りは本家である王将フードサービスのみが使用できるということで和解。ところが、鹿児島には『餃子の王将』を掲げながら、王将フードサービス直営ではない『鹿児島王将』というものが存在する。

P1070404

 鹿児島県内には、この鹿児島王将が7店舗もあり、何れの店舗も食事時になれば多くの人で賑わう人気店だ。私も学生時代には随分お世話になった。

 でも鹿児島王将だけが、直営店でもないのになぜ『餃子の王将』と名乗れるのか?理由はこうだ。

昭和53年に、当時餃子の王将に勤務していた稲森実氏の義弟が独立を希望していた。それを聞いた兄の稲盛和夫氏(京セラ社長)が餃子の王将の社長に掛け合い、快諾を得たため、義姉の弟とともに鹿児島王将株式会社を設立。同年9月に「餃子の王将」中町店をオープンさせた。(wikipedia「餃子の王将」より)

 というのがその理由のようである。

P1070400

 メニューも「鹿児島王将」オリジナルの味になっている。

 たとえば、定番メニューの「天津飯」も鹿児島王将の天津飯はフワフワとろみのある卵の上に黒酢餡がかかっており、絶妙なその酸味が食欲をそそる。

 そんな味に魅了され、妻の実家である鹿児島に帰省した際には必ずお店を訪れ、「宮崎にも鹿児島王将ができたらいいのに~」と夢にまで見た。

 そんな思いが届いたのかどうかはわからないが、なっ!なんと!昨年の3月に宮崎にも鹿児島王将が誕生していた!

P1070398

『鹿児島王将』大塚店です!

さっそく、大好物の「天津飯」+「餃子」を注文してみた。

P1070409

P1070412_2

P1070411

P1070414

 とっても美味しそうでしょう!!!

 でも、ちょっと残念だったのが天津飯の卵がやや硬めであったこと・・・・

 本場、鹿児島で食べる王将の天津飯はもっとトロッとふんわりした卵で、黒酢餡とのからみ具合がとってもいい感じなのに・・・・今回味わった天津飯は卵が硬めのためか卵と餡がバラバラって印象を受けた。

 材料も作りも基本的にはマニュアル通りに作っているんでしょうけど、微妙に味が違うのはしょうがないのでしょうか。やっぱり本物を味わうためには、鹿児島に行けってことなのかなぁ?

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村

2011年7月23日 (土曜日)

オジサンを魅了するのはやっぱり…

オジサンの集まる場所?といえば、まず思いつくのが赤提灯の店。焼き鳥やホルモン屋など私自身も、随分お世話になっているところだ。

P1060863_2

 ところで、こちらは一風変わった中国の赤提灯。正確には「灯籠(タンロン)」呼ぶのが正しいのだろうか。軸が縦に入っており日本の提灯のように折りたたみができないタイプのようである。中国では照明用というよりも、慶事の際の飾りや、企業・商品名などを書き入れて広告として使うことが多いと聞く。

 しかし、赤提灯であることに変わりはなく、腹をすかせたオジサン達が挙ってこの場所に集まってくる。

P1060864

 この赤提灯のある場所は、宮崎市の平和台線通りにある「中国北方料理 錦城楼」である。

 日曜日などは家族連れや女性客も多いようであるが、平日はメタボリックなオジサンやサラリーマン風なオジサンたちで賑わっている。

 ところで、このお店の何が、このオジサンたちをそれほどまでに魅了しているのだろうか?少し考えてみた・・・

P1060859

P1060860

 まずは、今回注文した料理を御覧いただこう!

 最初に出てきたのは、天津飯(スープ付き550円)と焼き餃子(6個320円)

P1060862

 そして私の大好物、「から揚げ定食!!!」(650円)・・・を流暢な中国語と日本語を使いこなす、可愛らしい女性の定員さんが運んできてくれた。

 平皿に盛られた御飯を見てもわかるように、ボリューム満点!

 男3人で「から揚げ定食(650円)」×2+天津飯(550円)+焼き餃子(320円)=2170円

 一人1000円もあれば食べきれないくらいの満腹感を味わうことができる。

P1060857

 メニューには庶民的な感じのものが多いのだが、どのメニューも外れがない。

 それもそのはず、中国国家高級調理師である料理人が調理を施しているとのことで、この美味しさにも納得だ。

 こういったところから考えると、「手ごろな値段」で、「ボリューム満点」の「美味しい」本格中華が味わえるということ。

 そして、ここが大事なポイントなのだが「可愛らしい店員さん」が運んで来てくれる。これが、オジサンたちを魅了している、このお店の秘密なのかもしれませんね(笑) 

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へブログランキングに参加中。左のバナーをクリックするとランキングがアップします。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村

2011年5月27日 (金曜日)

元気になったこころは・・・

 連日の鬱陶しい雨で、気分も憂鬱・・・・・

 こんな時は、なにか元気になれる刺激がほしくなる。

 「オラに元気玉を分けてくれ~!!!!」ってことで、トイレの中、通勤する車の中、そして職場でパソコンを打ちながら「元気になる刺激はないかなぁ?」と思いをめぐらしていたら・・・・

 ありました、ありました。これ、これ。

P1060622

 元気の源は、やっぱり美味いものを食べる。これに尽きる。

 「辛麺屋 桝元(ますもと)」の辛麺はかなりマニアックな食べ物で、万人受けするようなものではない。しかし、この味に一旦嵌ってしまうと癖になってしまう恐ろしい食べ物。私の周りにも、その犠牲者が何人もいる。

P1060624

 2010年全国B級グルメで第4位にも選ばれたそうで、辛い物好きの方はきっとこの味に嵌ること間違いなし。

 サイズ、辛さ、麺の種類はお好みでカスタマイズできる。

 辛さは0(辛し抜き)~25辛(スーパー激辛)まである。今回は5辛(大辛)コンニャク麺のレギュラーを注文した。

P1060627

P1060630

 唐辛子で真赤に染まったスープのなかには溶き卵、ニラ、ひき肉、きざみニンニクが入っている。コンニャク麺は弾力があり、カロリーも少ないのでとってもヘルシー。

 食べ始めると、カプサイシン効果で瞬く間に体中の毛穴が開き汗が噴出してくる。また、その汗が半端じゃなく、瞼から汗が滴り落ちてくるほどだ。だから、桝元を訪れる際には汗を拭き取るためのタオルが必需品となる。

 底に溜まった刻みニンニクとスープを飲みほし、今回も完食!!!!!

 カミサンには「オヤジ臭とニンニク臭がミックスされて耐え難い!!!!!」と罵倒されるも、私の元気になった心はそんなものではもう折れない。

 さっそくその勢いで、稚魚たちの水換えに乗り出したのだった!!!!!!

P1060638

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ左のバナーをクリックするとブログランキングがアップします。皆様の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2010年10月21日 (木曜日)

エビ三昧だ~!!

P1050595

 野菜ジュースと果物、そして濃いめのコーヒーというのが毎朝の私の朝食である。ところが、今日はそんな質素な朝食さえも摂らずにいた。

 なぜなら、今日は首を長~くして待ち続けてきた秋の味覚、「伊勢エビ」料理にありつける特別な日だったからだ!

 そんな特別な日を演出してくれるお店を求めて、日南市にある「ホテルドライブイン 弥太郎」にやってきた。

P1050598_2

P1050597

 道路脇に立てられた伊勢海老の真っ赤な旗が目に入ると次第にボルテージが上昇!

P1050609

P1050610

P1050612

 店内に入るとまずは店員よりも先に活きの良い大小様々な伊勢海老たちが出迎えてくれた。

 中には仁王立ちで、「俺が食えるもんなら食ってみやがれ!」と言わんばかりの表情でこちらを見据える伊勢海老もいて鮮度の良さを実感する。

 「今日は伊勢海老を思いっきり堪能して帰りたいんですけどお勧めのメニューは?」と店員のオバサンに尋ねたところ、満腹伊勢海老コース(6300円)と伊勢海老定食(5250円)を勧められた。

 伊勢海老コースにはサザエの壺焼きや魚のお刺身も付いてくるらしい。しかし、伊勢海老定食にも 伊勢海老の活造り、伊勢海老のボイル、活魚のお造り、酢の物3品、伊勢海老の味噌汁、ご飯、お漬物がセットになっている。大きな違いは使用する伊勢海老の大きさの違いだけということだったので、今回は伊勢海老定食を頂くことにした。

 そして、待つこと10分・・・・・・・・

 つ・・・ついに、待ちに待った伊勢海老が

 キターーーーーーーーーー!!

P1050615

P1050614

 伊勢海老のプリップリの食感と甘みを感じながら、生ビールを喉の奥にガーッ!と流し込む。

 「こ…この感触や!!この快感を待っていたんや!」と思わず歓喜の声をあげてしまいそうになった。

P1050618

P1050617

P1050620

P1050622

P1050623

止めの伊勢海老の味噌汁はエビミソたっぷり! 

定食とはいえ、次から次に出てくるボリューム満点の料理にお腹がはちきれそうになってしまいました(ご飯をお代わりしたせいもあるのかな?)。

 P1050599

P1050625

 また、同敷地内には温泉施設(人工温泉ですけど)も併設されており、食事をされた方は入浴料が半額の200円で利用できるようになっている。温泉とセットで伊勢海老料理を堪能してみるのもいいかも・・・・。

【ホテルドライブイン 弥太郎】
宮崎県日南市大字富士 サボテンハーブ園横 
TEL0987-29-1052
http://hp.miyazaki-cci.or.jp/yataro/

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛heart04の力で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2010年5月 3日 (月曜日)

これぞ元祖の・・・

 私は『チキン南蛮』が宮崎の郷土料理であることを知らなかった。もちろん、その存在は幼少の頃から知ってはいたのだが、宮崎だけでしか食べられないものであることを知ったのは高校を卒業し、県外に移り住んでからのことである。

 しかも、その発症のルーツを知ったのは私が社会人になってからのことであった。

 元々は洋食屋の賄い料理として出されていたもので、衣をつけて揚げた鶏肉を甘酢にさっと浸した調理法が原型であったらしい。これを商品化し、昭和39年から現在までこの基本スタイルのままの純粋なチキン南蛮を提供しているお店が延岡にある『直ちゃん』である。これに対してタルタルソースを組み合わせたのが「おぐら」のチキン南蛮で、いまでは『チキン南蛮=甘酢+タルタルソース』のおぐらスタイルが主流となっている。

 おぐらのチキン南蛮は月に一度は食べに行くのだが、実は『元祖』と言われている『直ちゃん』のチキン南蛮は今まで一度も食したことがなかった。そこで、今回は小学5年生の娘を引き連れ『直ちゃん』を訪れることにした。

P1040854

 歴史を感じさせる古びたこの建物が『直ちゃん』である。

 入り口も身長174cmの私が屈んだ姿勢で入らなければ頭を入り口にぶつけてしまうほどの高さしかない。ところが、こんなお店に・・・・・

P1040853

 カメラに収まりきれないほどの行列ができていた。

 確かに、世間はGWで何処もかしこも人だらけ。待たされることは覚悟の上とは言え、これほどまでとは思わなかった。

 この状況を見て、娘と「あきらめるか?それとも何時間待ってでも食べるか?」相談した結果、「やるときめたら最後まで諦めない!」という娘のひと言に勇気付けられ待つことになった。とはいえ、ラーメンなどとは違い揚げ物ですから非常に回転が悪い。結局、チキン南蛮にありつくまでに2時間も待たされることとなった。

 カウンターの席に着いたときにはもう空腹の絶頂!メニューも見ずに「南蛮定食2つ!」と叫んでいた。そして出てきた料理がこちら・・・。

P1040859

P1040863

P1040865

 県産鶏の胸肉に小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせて揚げたものにオリジナルの甘酢ダレをかけただけのシンプルなチキン南蛮。

 サクサク感のある衣にあっさりとした甘酢ダレのコンビネーションが実に絶妙!

 個人的には、胸焼けしそうなくらいの濃厚なタルタルソースのかかったおぐらスタイルのチキン南蛮も捨てがたいものがあるが、「直ちゃん」の南蛮は実にシンプルで食べ飽きない美味しさがある。

 娘は帰宅後も「美味しかった。いつも食べる南蛮よりも良かった」と大満足の様子。いつもは小食な娘も今回は私と同じ量の定食を見事に完食していた。これでこそ、2時間も待った甲斐があると言うものだ。

P1040856

チキン南蛮 直ちゃん
宮崎県延岡市栄町7-12
TEL:0982-32-2052

駐車場有り

営業時間
11:00~14:30 17:00~21:00
定休日 毎週火曜日

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2010年3月21日 (日曜日)

この食感おもしろいかも?

 ホワイトデーに贈った「チーズ餅パイ」

 カミサンには、「可も不可もなくって感じね。また食べたいとは思わないわ・・・」と酷評されたものの、お配りした方々には「食感がおもしろい!」「イチゴ味が特に良かった」などの評価を頂いたので御紹介したいと思います。

P1040326

 チーズ餅パイを販売しているのは小林市にある『三八堂(みはちどう)』さん。

 店内には美味しそうな洋菓子がいっぱい!2008年全国菓子博覧会栄誉大賞を受賞したバームクーヘンなどもあります。

 洋菓子専門店かと思いきや、店内の半分は最中やカステラなどの和菓子スペースとなっています。

 そして、こちらがお目当ての「チーズ餅パイ」(一本147円)

P1040391

 綺麗に1本ずつ紙包みされています。手に取ってみると御餅が入っているせいか、以外にずっしりとした重みを感じました。

 味の種類はプレーン味とイチゴ味がありますが、この時期はサクラ味も加わって春らしさを演出。

P1040393

 紙包みから取り出してみるとフォンダンがかかったチーズ餅パイが登場。

P1040396

 半分に割ってみると、パイ生地の中には餅でくるんだクリームチーズがぎっしり!

 ひと口頬張ると、フォンダンのほんのりとした甘さとサクサクのパイ生地の中から「どやさ!どやさ!」と今いくよ・くるよ師匠の黄金のギャグのような勢いで口いっぱいにチーズの香りとモチモチ感が広がります。

 1日限定100本ということなので、この不思議な食感を味わってみたい!そう思った方は三八堂さんに走るべし!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ左のバナーをクリックするとランキングがアップします。貴方の愛の力heart04で応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

2009年11月 1日 (日曜日)

イタリア料理「サーレ・エ・ペペ」

 日本一の規模を誇る照葉樹林と野菜の有機栽培で全国的にも名高い綾町。

 街を散策し、自然に触れ、人に触れ合っていると、本当に心からスローライフを実感する。そんな癒し溢れる綾町で、地元食材をふんだんに使ったイタリア料理が食べれるということで、今回「サーレ・エ・ペペ」を訪れた。

P1030433

P1030432

P1030430

 場所は、綾城のすぐ傍にあります。 

P1030428

P1030429

 明るい日差しが差し込む店内には、静かなBGMが流れ、とっても落ち着いた雰囲気。

 カップルや女性客が多く訪れていました。

 メニューには

 ・パスタランチ1300円
 ・ティストランチ1500円
 ・シェフおまかせランチ2500円
 ・自家製デザート200円
 ・ディナー3500円、5,000円(要予約)
 ・単品アラカルトメニュー950円~

 今回、臨時収入もあったのでチョッピリ贅沢して「シェフのおかせランチ」を頂きました。

P1030422

 先ずは、冬瓜とひよこ豆の洋風煮、手作りソーセージの前菜です。

P1030424

次にパスタ!

パスタは

①アマトリチアーナ
②小エビと帆立とほうれん草のクリーム和え
③プッタネスカ
④ブロッコリーとカリフラワー、チンゲン菜のアンチョビ風味

以上の4品から選べます。今回は②をチョイス!濃厚なクリームが最高でした。

P1030426

P1030427

そしてメインは、ポークフィレのソテー、パプリカ、クミン風味

お肉がとっても柔らかくて美味しいんですよ!

 綾町では、11月7日(土)に「スローフード祭り2009秋味」も開催されるそうです。
晩秋の錦原台地を散策しながら、綾町内の秋のグルメを食べ歩き!
こちらのお店の他にも「早川農苑」「オーガニックごうだ」「馬事公苑」「綾ワクワクファーム」「ペンションきねずみ」といった綾町内6人の食の匠が御食事処を設け、素敵な料理やスイーツ楽しませてくれるようです。時間とお金があったら、ぜひ参加してみたいですね。

【イタリア料理 サーレ・エ・ペペ】
宮崎県東諸県郡綾町北俣 0985-77-1014
http://www.aya-sale.com

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。貴方の愛の力で応援よろしくお願いします。
にほんブログ村

2009年7月20日 (月曜日)

■うなぎ屋

最近、食べ物の記事ばかりになっちゃってますが・・・・

調子にのってもうひとついっちゃいます!

P1020487

P1020488

 昨日は土用丑の日ということで、家族全員で西都市にある「本部うなぎ屋」に行ってきました。

 西都市や佐土原町は鰻の養殖が盛んで、多くの鰻専門店が軒を並べています。そのなかでも、「本部うなぎ屋」は創業.嘉永元年の老舗中の老舗なんですね!ちなみに現在の店主は4代目なんだそうです。

  老舗ということは、やっぱりそれなりに味に定評あるからこそ多くの人たちに愛され続けてきた訳で、それを食することができると考えると久々に胸が高鳴ります。

 「今日はお客さんが多いだろう」と考えて、お昼時を外し2時に訪問。駐車場は5~6台しかないと聞いていたのですが、運良く1台分だけ空いていたのでスムーズに駐車できました。

 車を降り立つと、辺り一面おいしそうな鰻を焼く匂いが・・・・匂いだけで白飯1杯はいけそうな気分に・・・・・・。

 店内はさすがに満席・・・・しかし、15分程度の待ち時間でカウンター席に座ることができました。

P1020489

P1020490

P1020491

P1020496

 お品書きを手に取り、メニューをチョイス!

 子供たちは鰻丼(並)を、大人は鰻重(特)を注文。

 こちらはお持ち帰りもできるようで、電話で注文されたお客さんがひっきりなしに訪れていました。

P1020495

 鹿児島大隈産の活うなぎを注文後に捌き始めるため、注文した品物が出てくるまで20分くらいかかります。

 「お腹すいたな~。待ち長いな・・・・」そんなことを思いながら、ふと目の前の棚を見ると美味しそうな焼酎が並んでいるではありませんか!

 しかも僕の一番大好きな「月の中」が・・・よ~くみると霧島の右隣には「魔王」も飾られています。車の運転があったので渋々諦めたのですが「う・・・・・・・飲みたかったよ~」

 そんなこんなしていると注文した鰻重が出てきました!

P1020501

P1020500

 どうです!美味しそうでしょう!!!!!!!!!

 柔らかでふっくらとした切り身。そしてタレがまた絶妙な味なんですよ。まろやかな甘辛さは代々伝わる秘伝の味なんでしょうね。記事を書きながら思い出してヨダレが出てきそうになりました。

P1020505

 鰻は4切れだけ?と思っていたら、なんと2層になっていて御飯の間からまたまた鰻が登場!とっても贅沢な気分になりました!ボリュームも満点で、朝から何も食べていなかったのですがお腹いっぱいになってしまいました。

P1020502

 上は呉汁の写真です。西都、佐土原の鰻店では必ず鰻料理とセットで、この呉汁が付いてきます。呉汁は大豆をすりつぶして作ったものですが、粉砕した大豆の破片がタップリ入っていて濃厚でとってもクリーミーな味。これが、鰻の脂と甘辛いタレとマッチするんですよ。

P1020497

 鰻丼(並)は、鰻がチョット貧相・・・・・・・・・・・・・・・。

 贅沢な気分を味わいたい人は上のランクを注文してみるべし!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ左のバナーをクリックして頂くとランキングがアップします。応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック