熊本の本物温泉の紹介

2013年4月 7日 (日曜日)

熊本本物温泉No.2「ナンクルナイサ…っと思わず呟きたくなる癒しの湯!!!」【内牧温泉.入船温泉】

内牧温泉の「温泉クイズラリー」で、7件の温泉を巡った。

その中で、ここの温泉だけは絶対に外せない、と感じたのがこの「入船温泉」!
なぜ、そう感じたのか自分でもよくわからないが・・・本能的にそう直感した。

2013033019040000

11時に到着したが、営業開始が12時ということで、1時間近く自転車で周辺を散策して時間つぶし。でも、途中待ち切れず、2回も旅館の方に「お風呂はまだですかね?」と尋ねてしまった。自分のせっかちな性格が恥ずかしくなります。

そんなこんなで、12時になり一番乗りでお風呂に・・・・

2013040414330000

2013040414340000

浴室に入って、まず目についたのが雰囲気ある洗面台と清潔感のある脱衣所。洗面台の上には、ドライヤーや化粧水等が設置されていました。

それでは早速、温泉に・・・・

2013040414350000

2013040414420000

泉質は、ナトリウム・マグネシウム・カルシウムー硫酸塩泉。内湯は2つあり、小さめの浴槽に直接源泉が注がれており、かなり熱め。大きい方は、40℃前後で程良い温度になっている。

早速、一番風呂に浸かってみた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・「ナンクルナイサァ~」

沖縄出身でもないのに、そんな言葉が自然に口元からこぼれた。素直なお湯が、肌に溶け込むように浸み込んでくる感じだ。同時に自分の中のモヤモヤしていたものが、全身から抜け出していった。

2013040414410000

2013040414390000

2013040414360000

屋外には、四季の移り変わりを感じることができる木々に囲まれた露天風呂もある。

内湯のお湯が流れ込んでいるため、お湯はやや温め。だから、自然を楽しみながらのんびり長湯ができる。

2013040414400000

2013040414380000

屋外には、もうひとつ泉質の異なる浴槽がある。写真のような五右衛門風呂でかなりぬるめのお湯。こちらのお湯は鉄分、ミネラルを多く含んだお湯。

入船温泉には、その他にも「①自然岩の湯」「②たまちゃんの湯」「③王者の湯」「④白鳥の湯」「⑤火山岩の湯」といった5つの家族湯もある。

①~④は、大浴場と同じ泉質の硫酸塩泉で、⑤は、芒硝泉。そして、上の写真の鉄分を多く含んだお湯と3つの異なる源泉を楽しむことができる。1か所で3つの源泉を楽しめるなんて贅沢だなぁ。

どうやら、私が本能的に「ここは良い温泉!」と直感したのは、間違いなかったようです。

※下の写真は、今回、阿蘇を訪れた際に立ち寄った高森峠の千本桜の写真です。

2013040414480000

2013040414460000

2013040414450000

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へポチッと応援よろしく!!!
にほんブログ村

2013年3月31日 (日曜日)

熊本本物温泉No.1「いいお湯をゆっくりのんびり楽しめる町湯」【内牧温泉.薬師温泉】

「まち湯クイズラリー」を済ませた後、最初に向かったのは「薬師温泉」

朝9時から営業されています。

2013033019000000

無人の番台に入湯料200円をおいて浴室に向かうと、地元の方らしき先客がお一人。

ゆっくりと自分の時間がすごせそうな温泉です。

2013033113460000

タイル張りの浴槽がひとつだけのシンプルな作り。7~8人も入ればいっぱいになりそうな大きさです。浴槽周りは温泉の成分によるものか茶褐色に変色していました。

泉質はナトリウム・マグネシウム・カルシウムー硫酸塩泉。

お湯は微かに白濁しており、薄めも沸かしもしない、そのまんまの源泉で、お客さんも少ないため、お湯が非常に綺麗!!!湯船に浸かるとつるつる感はないもののお湯が柔らかく、すーっと肌に浸み込んでいくような心地よさがあります。

2013033113490000

2013033113470000

湯口からは源泉が勢いよく吹き出し、浴槽からはもったいないくらいお湯が溢れていました。

源泉が45.9℃ということだったので、熱湯風呂を覚悟していたんですが、意外に快適な湯温でした。

2013033113430000

風呂上がりに改めて成分表を見たら泉温が45.9℃から42.5℃に書きかえられていました。

2013033019130000

入湯料200円でこんなにいいお湯をゆっくり堪能できるなんてしあわせ~!地元の人たちが羨ましくなりますね。

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へポチッと応援よろしく!
にほんブログ村

2013年3月30日 (土曜日)

内牧温泉「まち湯クイズラリー制覇!!!」

阿蘇の「道の駅」に車を止め、チャリンコで内牧温泉に出発!!

今回は、内牧温泉の町湯を制覇するために「まち湯クイズラリー」に挑戦しました。

2013033019150000

「阿蘇美」敷地内にある阿蘇インフォメーションセンターに到着。まずはここで、温泉マップとクイズの用紙を貰ってスタートです。

春の陽気を感じながら走るチャリンコは最高に気持ち良いですね!!

2013033019000000

ということで、最初に訪れたのは「薬師温泉」

問題は、「源泉の温度は?」だったかな・・・

答えは、7件の町湯に設置してある茶色の町湯案内看板をみれば答えが分かるようになっています。なので、簡単!!

2013033019010000

と思ったら、文字が消えかかっていました。必死に目を凝らして何とか解答!

2013033019020000

お次は「新穂湯」です。

次と言っても、薬師温泉の隣にある温泉です。

問題は「建物正面から見て男湯はどっち?」・・・・これは問題なくクリアです。

2013033019040000

3番目の温泉は、「入船温泉」です。「玄関の右側にある素敵な音がするものの名前は?」ということで、玄関右を見てみると・・・・

2013033019050000

こんなものがありました。

そばで耳を澄ませて聴いてみたんですが・・・・何も聴こえませんでした(残念)。

お次は「阿蘇の湯」

途中、地元の方に道を尋ねながらチャリンコを走らせていたら・・・・

2013033019060000

神社の入り口に気になる看板を発見!

2013033019070000

どんな願いごともかなえてくれるという、樹齢5百年の「タブの木」

2013033019080000

10円もって願掛け。でも、よくみると賽銭箱がハート形をしています。恋愛成就?だとしたら私にはあまり関係ないので・・・「壇蜜に会えますように」とお願いしておきました(なんのこっちゃ!)。

2013033019090000

そんでもって、これが御神木の樹齢5百年の「タブの木」

迫力ありますね。神秘的なパワーを感じます。

こんな感じで、いろんなところに立ち寄りながら、その後も

2013033019110000_2

「阿蘇の湯」

2013033019120000

「宝湯」

2013033019140000

「七福温泉」、「大阿蘇温泉(写真を撮り忘れました)」と合計7か所の町湯を回りながらクイズに答え、再びインフォメーションセンターに戻ってきました。

そして、クイズに全問正解した人には・・・・・・

Kakoexsjkjoy07elbd1w

2013033019200000

認定証と豪華景品(くじをを引いて4等の景品「夏目漱石の本」を頂きました)が貰えます。

以前は、温泉に入ってスタンプを全て集めた人に認定証を出していたようですが、あまりにも申請者が少なかったようで、クイズ形式になったとのこと。でも、クイズだけで温泉に入らなければ来たかいがないでしょう!ということで、クイズラリーを済ませた後、「薬師温泉」と「入船」で温泉を堪能してきました。レポートはまた次回。

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へポチッとよろしくね!
にほんブログ村

プロフィール

  • Kinngyo1

    宮崎県在住。 金星人(+)の霊合星人。 愛する3人の子どもと愛されていない鬼嫁を家族に持つ、しがない中年オヤジのブログです。

宮崎県のお気に入り温泉

  • あすなろ温泉(小林)

    P1060022

  • あきしげ温泉(えびの)

    Aki6

  • 神の郷温泉(小林)

    Dvc00291

  • 湯之元温泉(高原)

    Dvc00180

  • 丸新荘(北郷)

    Dvc00224

Raleigh RS-R

  • 2014021308470000_6

我が家の金魚たち

  • 土佐錦魚

    P1070792

    P1070879

【小次郎】

  • P1050803

おすすめBOOK

  • 認知症に関する本の紹介
  • 作業療法に関する本の紹介
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンクバナー

  • Img76215


    相互リンク募集中!リンクフリーです。リンクされる方は上記のバナーを御自由にお使い下さい。

管理人お勧めの1本

  • 漫画『美味しんぼ』(95巻)で特集された蔵元としても有名な軸屋酒造。北薩摩に佇む紫尾山の清く澄んだ地下水と県内産のサツマイモで作り上げた一品。紫尾町は良質の温泉でも有名なところですが、蔵元自慢の水の良さと非常にバランスがとれて雑身を感じさせない一本です。

最近のトラックバック